Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Now you must not think that I was not utter stirred by the wonder of this thing, that we had both a dreamful knowledge of the same matters, of which each had thought none other knew. Yet, when I questioned more, there was much that had been in my fancies that was foreign to her, and likewise much that had been familiar to her, that was of no meaning to me. But though there was this, that brought a little regret to us, there would be, time and again, some new thing that one told, that the other knew and could finish the telling of, to the gladness and amazement of both.
And so shall you picture us wandering and having constant speech, so that, hour by hour, we grew gladly aged in dear knowledge and sweet friendship of the other.
And truly, how the time passed, I know not; but there came presently a hullabaloo, and the shouts of men's voices and the baying of dogs, and the gleam of lanthorns, so that I knew not what to think; until, very sudden, and with a sweet and strange little laughter, the Lady Mirdath to perceive that we had missed the hours utter in our converse; so that her Guardian (made uneasy because of the three foot-pads) had ordered a search. And we all that time a-wander together in happy forgetfulness.
And we turned homeward, then, and came towards the lights; but indeed, the dogs found us before we were come there; and they had grown to know me now, and leaped about me, barking very friendly; and so in a minute the men had discovered us, and were gone back to tell Sir Jarles that all was well.
And this was the way of our meeting and the growing of our acquaintance, and the beginning of my great love for Mirdath the Beautiful.

****************


 しかし私たちがお互いに他には誰も知らないだろうと思っていた同じ夢の世界を共有していたという驚くべき事実については、その全てが細部に至るまで完全に一致していたというわけではない。私がさらに話を進めた時には、私の夢が彼女にはまるで馴染みがなかったり、あるいは彼女が慣れ親しんだ夢が私には何のことだか分からないということも出てきた。そんな時には私たちは少しだけ残念な気持ちになったが、それでも幾度となく、片方が何か新しいことを話すと、もう片方もそのことを知っていてその話を補うことが出来たのは、二人ににとっては歓喜であり、驚嘆すべきことであった。
 どうか、私たちが時の経つのも忘れて驚きと共に語り合い、次第に知識や友情を深めていった様子を思い浮かべて頂きたい。
 実際、どれだけの時が流れたのか私には分からなかった。しかしそのうち辺りが騒がしくなり、犬の吼える声と男たちの叫ぶ声がして、ランタンの灯りが見えた。私はいったい何があったのだろうと思ったのだが、私たちがすっかり時間を忘れて話し込んでいたせいだということにミルダス嬢が突然気付いて、甘く謎めいた小さな笑い声を漏らした。要するに、彼女の保護者が(三人の暴漢たちのこともあり、心配をして)捜索させたのだ。しかしその間、私たちは肩を並べて、幸せに時を忘れてそぞろ歩いていたのだった。
 私たちは帰途につき、明かりの方へと向かった。しかし私たちが帰り着くより早く犬たちが私たちを見つけた。犬たちは、もうすっかり私のことは覚えてくれたようで、周りを跳ね回り、親しげな声で吠えてきた。するとすぐに下男たちは我々に気付き、ジャールズ卿に私たちが無事であるということを報告するために戻っていった。
 これが私たち二人の馴れ初めであり、《麗しきミルダス》への、私の愛の始まりであった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/166-20a69e81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。