Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Now, from that time onward, evening by evening would I go a-wander along the quiet and country road that led from my estate to the estate of Sir Jarles. And always I went inward by the hedge-gap; and oft I should find the Lady Mirdath walking in that part of the woods; but always with her great boar-hounds about her; for I had begged that she do this thing for her sweet safety; and she to seem wishful to pleasure me; but truly to be just so oft utter perverse in diverse matters; and to strive to plague me, as though she would discover how much I would endure and how far she might go to anger me.
And, truly, well I remember how that one night, coming to the hedge-gap, I saw two country-maids come thence out from the woods of Sir Jarles' ; but they were naught to me, and I would have gone upward through the gap, as ever; only that, as they passed me, they curtseyed somewhat over-graceful for rough wenches. And I had a sudden thought, and came up to them to see them more anigh; and truly I thought the taller was surely the Lady Mirdath. But, indeed, I could not be sure; for when I asked who she did be, she only to simper and to curtsey again; and so was I very natural all in doubt; but yet sufficient in wonder (having some knowledge of the Lady Mirdath) to follow the wenches, the which I did.

****************


 それからというもの、私は毎夕、自分の地所からジャールズ卿の地所への静かな田舎道を散歩するようになった。そしていつも生垣の抜け道から中へ入り込んだ。すると大抵、森の辺りを歩いているミルダス嬢を眼にすることが出来た。そして彼女の周りには、いつでも大きなボア・ハウンドがいた。それは私が、彼女の身の安全のためにぜひそうして欲しいと頼んだのだ。彼女の方も、私を安心させたがっているように思えた。だが実際には、様々な場面で全く捻た態度を取る事がよくあった。それはまるで、私を困らせることで、忍耐力はどの程度あるのか、どのくらい怒らせることが出来るのか、推し量ろうとしているかのようでさえあった。
 鮮明に覚えていることがある。ある夜、生垣の抜け道へ向かう道で、私はジャールズ卿の森から二人の村娘がやってくるのを目にしたのだ。しかし私は彼女たちには興味はなかったから、いつものようにそのまま抜け道をくぐり抜け、敷地の中へ入り込んだ。ところが彼女たちは私の傍らを通り過ぎる時、粗野な村娘にしてはいささか優雅すぎる会釈を交わしてきた。それで私ははっと思い当たり、二人を追いかけて、もっと間近で見てみた。すると背の高い方は確かにミルダス嬢であるように思えた。しかし確証は持てなかった。というのも、私が彼女の名を呼んだ時、その女性はただ作り笑いをして、また会釈を返してきただけだったからだ。それはいかにも怪しい振る舞いだった。それで二人の後に付いて行った私はさらなる驚きを(ミルダス嬢のことについて、いくらかは分かり始めていたつもりだっただけに)味わうことになった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/167-45eb4bb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。