Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And they then, very speedy and sedate, as though I were some rack-rape that they did well to be feared of alone at night; and so came at last to the village green, where a great dance was a-foot, with torches, and a wandering fiddler to set the tune; and ale in plenty.
And the two to join the dance, and danced very hearty; but had only each the other for a partner, and had a good care to avoid the torches. And by this, I was pretty sure that they were truly the Lady Mirdath and her maid; and so I took chance when they had danced somewhat my way, to step over to them, and ask boldly for a dance. But, indeed, the tall one answered, simpering, that she was promised; and immediately gave her hand to a great hulking farmer-lout, and went round the green with him; and well punished she was for her waywardness; for she had all her skill to save her pretty feet from his loutish stampings; and very glad she was to meet the end of the dance.

****************


 二人はまるで、私が暴漢か何かかもしれないから夜道で一人きりになったりしないよう十分に用心しなければといった風で、落ち着き払って見せつつも、足早に歩いていった。そしてついには村の広場にまで辿り着いたが、そこでは盛大なダンスパーティーが宴もたけなわとなっていて、松明が焚かれ、巡回のバイオリン弾きは調べを奏で、盛大にビールも振舞われていた。
 二人は踊りの輪に加わり、心ゆくまで踊った。しかし二人はお互いを相手とするだけで他の人とは踊ろうとはせず、しかも用心深く松明の側を避けていた。こうした行動から、私は彼女らがミルダス嬢と彼女の召使いであると確信した。それで私は彼女たちがこちらの方へ踊りながらやって来た機会を捉え、二人の前に歩み出て、一緒に踊って欲しいと真っ向から申し込んだ。ところが背の高い方の女性は作り笑いをして、先約がありますから、と答えた。そしてすぐに手を図体の大きい粗野な若者に差し伸べ、植え込みを回って行ってしまった。しかし彼女は気ままな振る舞いをした報いを受けたらしく、全精力を注ぎ込んで男の無粋なステップから自分の足を守らなければならない羽目に陥ってしまった。だから、踊りが終わった時には本当にほっとしたようだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/168-f96efb42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。