Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And I knew now for certainty that it was Mirdath the Beautiful, despite her plan of disguise, and the darkness and the wench's dress and the foot-gear that marred her step so great. And I walked across to her, and named her, whispering, by name; and gave her plain word to be done of this unwisdom, and I would take her home. But she to turn from me, and she stamped her foot, and went again to the lout; and when she had suffered another dance with him, she bid him be her escort a part of the way; the which he was nothing loath of.
And another lad, that was mate to him, went likewise; and in a moment, so soon as they were gone away from the light of the torches, the rough hind-lads made to set their arms about the waists of the two wenches, not wetting who they had for companions. And the Lady Mirdath was no longer able to endure, and cried out in her sudden fear and disgust, and struck the rough hind that embraced her, so hard that he loosed her a moment, swearing great oaths. And directly he came back to her again, and had her in a moment, to kiss her; and she, loathing him to the very death, beat him madly in the face with her hands; but to no end, only that I was close upon them. And, in that moment, she screamed my name aloud; and I caught the poor lout and hit him once, but not to harm him overmuch; yet to give him a long memory of me; and afterward I threw him into the side of the road. But the second hind, having heard my name, loosed from the tiring-maid, and ran for his life; and, indeed, my strength was known all about that part.

****************


 もうこの時点で、彼女がいくら村娘のドレスと靴で変装し、暗がりを選んでわざと粗野なステップを踏んで見せようとも、《麗しきミルダス》であることは明らかであった。それで私は彼女の方へ歩いて行き、声をかけて、その名を囁いた。そして彼女にただ一言、馬鹿なことはもう終りにして一緒に家に帰ろう、と言った。だが彼女は私に背を向けて歩いてゆき、また若者の所に行った。そして何とかもう一曲を踊りきると、その男に、ちょっとその辺りを案内してくださいませんかと頼んだ。男は喜んでそれに応じた。
 すると男の仲間だという別の若者が現れ、中に加わってきた。そして彼らが松明の明かりの届かぬ所にまで離れた時、粗野な男たちは躊躇うこともなくさっと彼女たちの腰にそれぞれ手を回してきた。そうなるとミルダス嬢はもはや我慢が出来なくなり、恐怖心と嫌悪感のあまり叫び声を上げ、彼女を抱きしめた男を突き飛ばした。それが余りに強い力だったので、男は一瞬彼女から離れ、酷い悪態をついた。だが男はすぐにまた彼女の所へ戻り、さっと彼女を抱え込んだかと思うと、キスをした。彼女は嫌悪感を露わにして、男の顔を狂ったように両手で叩きつけた。私は彼らに近づいたが、手は出さずにいた。するとその直後、彼女は私の名前を大声で呼んだ。それで私はその男を掴まえて一発食らわしたが、それ以上痛めつけようとは思わなかった。ただし、男が私のことを忘れたりしないようにと、彼を道の脇へ放り投げてやった。するともう一人の男は、私の名前を耳にすると、怯えているメイドから離れて、尻尾を巻いて逃げていった。この辺り一帯には、私の勇名が知れ渡っていたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/169-f26bc74a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。