Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And I caught Mirdath the Beautiful by her shoulders, and shook her very soundly, in my anger. And afterward, I sent the maid onward; and she, having no word from her Mistress to stay, went forward a little; and in this fashion we came at last to the hedge-gap, with the Lady Mirdath very hushed; but yet walking anigh to me, as that she had some secret pleasure of my nearness. And I led her through the gap, and so homeward to the Hall; and there bid her good-night at a side door that she held the key of. And, truly, she bid me good-night in an utter quiet voice; and was almost as that she had no haste to be gone from me that night.
Yet, when I met her on the morrow, she was full of a constant impudence to me; so that, having her alone to myself, when the dusk was come, I asked her why she would never be done of her waywardness; because that I ached to have companionship of her; and, instead, she denied my need. And, at that, she was at once very gentle; and full of a sweet and winsome understanding; and surely knew that I wished to be rested; for she brought out her harp, and played me dear olden melodies of our childhood-days all that evening; and so had my love for her the more intent and glad. And she saw me that night to the hedge-gap, having her three great boar-hounds with her, to company her home again. But, indeed, I followed her afterwards, very silent, until I saw her safe into the Hall; for I would not have her alone in the night; though she believed that I was then far away on the country road. And as she walked with her dogs, one or another would run back to me, to nose against me friendly-wise; but I sent them off again very quiet; and she had no knowledge of aught; for she to go singing a love-song quietly all the way home. But whether she loved me, I could not tell; though she had a nice affection for me.

****************


 私は《麗しきミルダス》の肩を両手で掴み、怒りにまかせて強く揺さぶった。それから私はメイドを先に行かせた。彼女は女主人から留まるようにという命令は受けなかったから、少し先を歩いていった。そのようにして私たちは、やがて垣根の抜け道にまで辿り着いた。ミルダス嬢は押し黙っていたが、それでもまるで私の側にいることが密かに嬉しいと感じているかのように、私と寄り添って歩いていた。抜け道をくぐりぬけ、私は彼女を玄関まで送り届けた。そして彼女が鍵を持っている脇戸の所でおやすみを言った。彼女も私に向かって、落ち着いた静かな声で、おやすみなさいと言った。それはまるで、今夜はまだしばらく私と一緒に居たいと言っているかのようであった。
 けれども翌日に会った時には、やはり彼女は私に対して酷く勝手な態度を取り続けた。仕方なく私は彼女を放っておいたが、黄昏時が迫ってきた頃になって、私は彼女に、どうか我侭な振る舞いをするのはやめてくれないか、と言った。私は語らいの時を持ちたいと心底願っているのに、彼女はいつもつれない素振りだったからだ。すると彼女はとっさにしおらしくなった。そしてたっぷりの優しさと思いやりを振りまいてくれた。それから、私が落ち着いた気持ちになりたいのだと察してくれたのだろう、彼女はハープを持ち出してきて、日が暮れ行く中、幼き日々の懐かしいメロディを奏でてくれた。それが私の、彼女に対する愛をさらにかけがえのないものにしたのだった。その夜、彼女は三匹のボア・ハウンドと一緒に垣根の抜け道から私を見送り、家路を辿っていった。だが私は彼女の後をそっと付いていって、無事に玄関に辿り着くまで見届けた。私は彼女をその夜は一人きりにしたくはなかったのだ。彼女はきっと私が遠く離れた田舎道を歩いていると思っていただろう。彼女は犬たちと歩いていたが、その中の数匹がこちらの方に向かって走ってきて、親しげに私に鼻を擦り付けてきた。だが私は犬たちをさっさと追い払った。それで彼女は何一つ気付くこともなく、家路を辿りながら、小さな声でラヴ・ソングを唄っていた。だが彼女が私を愛しているのかどうかは、好感を持ってくれているのは確かだろうが、私には何とも言いかねた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/170-18a65720

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。