Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And so, having done justice to my own respect, I turned and went on, and left them to their happiness.
Now, I walked then, maybe twenty good miles, before I came to my own home; for there was no rest in me all that night, or ever, because that I was grown deadly in love of Mirdath the Beautiful; and all my spirit and heart and body of me pained with the dreadful loss that I was come so sudden upon.
And for a great week I had my walks in another direction; but in the end of that week, I must take my walk along the olden way, that I might chance to have but a sight of My Lady. And, truly, I had all sight that ever man did need to put him in dread pain and jealousy; for, truly, as I came in view of the gap, there was the Lady Mirdath walking just without the borders of the great wood; and beside her there walked the clever-drest man of the Court, and she suffered his arm around her, so that I knew they were lovers; for the Lady Mirdath had no brothers nor any youthful men kin.
Yet, when Mirdath saw me upon the road, she shamed in a moment to be so caught; for she put her lover's arm from about her, and bowed to me, a little changed of colour in the face; and I bowed very low--being but a young man myself--; and so passed on, with my heart very dead in me. And as I went, I saw that her lover came again to her, and had his arm once more about her; and so, maybe, they looked after me, as I went very stiff and desperate; but, indeed, I looked not back on them, as you may think.
And for a great month then, I went not near to the gap; for my love raged in me, and I was hurt in my pride; and, truly, neither had a true justice been dealt to me by the Lady Mirdath.
Yet in that month, my love was a leaven in me, and made slowly a sweetness and a tenderness and an understanding that were not in me before; and truly Love and Pain do shape the Character of Man.
And in the end of that time, I saw a little way into Life, with an understanding heart, and began presently to take my walks again past the gap; but truly Mirdath the Beautiful was never to my sight; though one evening I thought she might be not a great way off; for one of her great boar-hounds came out of the wood, and down into the road to nose against me, very friendly, as a dog oft doth with me.
Yet, though I waited a good time after the dog had left me, I had no sight of Mirdath, and so passed on again, with my heart heavy in me; but without bitterness, because of the understanding that was begun to grow in my heart.

****************


 そう考えた私は、自分の為すべきことをしようと踵を返し、二人の幸せを祈りつつ歩み去った。
 それから家に戻るまでに、私は恐らく二十マイル以上は歩き回ったと思う。その夜はずっと心が乱れ騒いで仕方がなかった。《麗しきミルダス》を愛する気持ちが、制御できないほどに膨らんでしまっていたのだ。だから突然訪れた深い喪失感に、身も心も、そして魂までも、打ちのめされてしまった。
 私は散策の路を変え、獏とした一週間が過ぎた。だがその週の終りになって、私はどうしてもミルダス嬢の顔を一目見たいという気持ちに逆らえなくなり、通い慣れた道を散策してみた。そしてそこで目の当たりにしたのは、激しい胸の痛みと嫉妬心に苛まれる光景だった。私が抜け道から伺い見たのは、ちょうど深い森の淵から離れ、こちらに歩いて来るミルダス嬢の姿だった。そしてその傍らには、あの身なりのよい判事が、彼女の腰に腕を回して共に歩んでいた。それで私は二人が恋人同士なのを知った。ミルダス嬢には兄弟はおろか、若い男の親類もいなかったのだから。
 だがミルダスは路上の私を認めると、一瞬戸惑ったようだった。彼女は恋人の腕を振り解き、少し顔色を変えて、私に会釈をした。私は深々と頭を下げた。彼女にとって、私は若い男の一人でしかないのだから……。今や、私の心は死んだも同然だった。歩み去ろうとした時、私は男が再び彼女に歩み寄り、また彼女の腰に腕を回すのを見た。きっと二人は、悲しみに打ちひしがれてよろよろと立ち去ってゆく私の後姿を見詰めているのだろう。だが私には、彼らを振り返って見る余裕などなかった。
 それから一ヶ月ほどは、私は抜け道には近寄らなかった。愛が私を苦しめたし、プライドも傷付けられたからだ。実際、ミルダス嬢の私に対する仕打ちは正当なものではなかった。
 しかしその月の間に、私の愛も次第に形を変え、以前には持つことの出来なかった緩やかさや甘さ、それに優しさや理解する心などが生まれてきた。真実の愛と痛みこそが、人を成長させるのだ。
 ひと月が過ぎる頃、私は魂の中に理解する心と共に仄かな光を見出し、また以前のように抜け道を抜けての散歩を始めた。だが《麗しきミルダス》は姿を見せることはなかった。ある夕方には、私は彼女がそれほど離れてはいないところにいるように思った。というのも、森から彼女の飼っているボア・ハウンドが一匹現れ、かつてのように親しげに私に向かって鼻を摺り寄せてきたからだ。
 だが犬が私の側を離れてから随分と長い時間待ってみたものの、ミルダスの姿は現れず、私はまた重い心で歩き始めた。だが、理解しようという気持ちが私の心の中で育ちつつあったから、辛くはなかった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/172-75399f5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。