Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Now, there passed two weary and lonely weeks, in which I grew sick to have knowledge of the beautiful maid. And, truly, in the end of that time, I made a sudden resolving that I would go in through the gap, and come to the home-grounds about the Hall, and so maybe have some sight of her.
And this resolving I had one evening; and I went out immediately, and came to the gap, and went in through the gap, and so by a long walking to the gardens about the Hall. And, truly, when I was come there, I saw a good light of lanthorns and torches, and a great company of people dancing; and all drest in quaint dress; so that I knew they had a festival for some cause. And there came suddenly a horrid dread into my heart that this might be the marriage-dance of the Lady Mirdath; but, indeed, this was foolishness; for I had surely heard of the marriage, if there had been any. And, truly, in a moment, I remembered that she was come one-and-twenty years of age on that day, and to the end of her ward-ship; and this surely to be festival in honour of the same.
And a very bright and pretty matter it was to watch, save that I was so heavy in the heart with loneliness and longing; for the company was great and gay, and the lights plentiful and set all about from the trees; and in leaf-made arbours about the great lawn. And a great table spread with eating matters and silver and crystal, and great lamps of bronze and silver went all a-down one end of the lawn; and the dance constant upon the other part.
And surely, the Lady Mirdath to step out of the dance, very lovely drest; yet seeming, to mine eyes, a little pale in the looming of the lights. And she to wander to a seat to rest; and, indeed, in a moment, there to be a dozen youths of the great families of the country-side, in attendance about her, making talk and laughter, and each eager for her favour; and she very lovely in the midst of them, but yet, as I did think, lacking of somewhat, and a little pale-seeming, as I have told; and her glance to go odd-wise beyond the groupt men about her; so that I understood in a moment that her lover was not there, and she to be a-lack in the heart for him. Yet, why he was not there, I could not suppose, save that he might have been called back to the Court.

****************


 さらに空虚で孤独な二週間が過ぎたが、次第に私は美しい彼女がどうしているのかどうしても知りたくて、居ても立ってもいられなくなってきた。それでついに私は意を決し、抜け道を通り抜けて彼女の敷地に入り、玄関の方へ向かって行けば、彼女の姿を一目なりとも見ることができるかもしれないと思った。
 そう思い立ったのはとある夕方のことだったが、私はすぐに実行に移した。抜け道に辿り着くとそこを通り抜けて庭園に入り、玄関までの長い道のりを歩いた。やがて玄関の近くに辿り着いたところ、そこには角灯や松明の灯りが煌々と灯っており、沢山の人々が踊りに興じていた。人々は着飾っていたから、私は何かの祭事があるのだろうと思った。だが次の瞬間、もしかしたらこれはミルダス嬢の結婚の儀なのかもしれないという恐ろしい予感が私を襲った。だがそれは馬鹿げた考えだった。もし結婚などということがあるなら、私の耳にも知らせが入ってしかるべきだったからだ。それからすぐに思い出したのは、今日が彼女の二十一歳の誕生日であり、後見人の手から離れる日であるということだった。ということは、これはそのための儀礼の祭りに違いなかった。
 それはとても賑やかで美しい光景だった……孤独と叶わぬ思いに塞ぎ込んでいる私を除いては。訪問客は誰もが立派な出で立ちで陽気に騒いでいた。樹々には灯りが渡され、大きな芝生の庭にある東屋にも光が入り、辺りは光に包まれていた。大きなテーブルには銀やクリスタルで出来た器に盛られたご馳走がいっぱいに並べられ、ブロンズと銀の大きなランプが、テーブルの隅々から芝生に至るまでをすっかり照らし出している。そしてダンスは、曲目を変えながら絶え間なく続いていた。
 すると踊りの輪の中から、可憐なドレスを纏ったミルダス嬢が現れた。だが、ぼんやりとした灯りの中に浮かび上がる彼女の顔は、私の目にはやや青ざめて映った。彼女は腰を下ろして休める場所を探していた。だが次の瞬間には地方の名家の若者たちが大勢集まってきては彼女を取り囲み、愉しげに会話を繰り広げ、誰もが熱心に彼女の気を惹こうとしていた。そして彼女は彼らの輪の中で愛想を振りまいていたが、どこか上の空のような感じで、先ほども感じたように、やはり少し青白く見えた。彼女の視線は、周囲の男たちの向こうをちらちらと伺っていた。それで私はすぐに、彼女は恋人がそこにいないから、心ここに在らずといった状態なのだと思った。だが、どうして彼がここにいないのかは推し量りかねた。あるいは法廷から呼び出されたのかもしれなかった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/173-efb36f85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。