Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And, surely, as I watched the other young men about her, I burned with a fierce and miserable jealousy of them; so that I could near have stept forth and plucked her out from among them, and had her to walk with me in the woods, as in the olden days, when she also had seemed near to love. But, truly, what use to this? For it was not they who held her heart, as I saw plain; for I watched her, with an eager and lonesome heart, and knew that it was one small man of the Court that was lover to her, as I have told.
And I went away again then, and came not near to the gap for three great months, because that I could not bear the pain of my loss; but in the end of that time, my very pain to urge me to go, and to be worse than the pain of not going; so that I found myself one evening in the gap, peering, very eager and shaken, across the sward that lay between the gap and the woods; for this same place to be as an holy ground to me; for there was it that first I saw Mirdath the Beautiful, and surely lost my heart to her in that one night.
And a great time I stayed there in the gap, waiting and watching hopelessly. And lo! sudden there came something against me, touching my thigh very soft; and when I looked down, it was one of the boar-hounds, so that my heart leaped, near frightened; for truly My Lady was come somewhere nigh, as I did think.

****************


 若者たちが彼女の周りに集まって来るのを見ているうちに、私は激しくも悲壮な嫉妬心が芽生えてきた。もしも近づくことが出来るなら、私は彼女の前に飛び出してその腕を取り、彼らの輪の中から連れ出したかった。そして彼女の愛が身近に感じられたかつてと同じように、互いに手を取り合って森を歩きたかった。だが実際のところ、そんなことをして何になるというのだろう?見たところ、彼らの誰一人として彼女の心を捕らえてはいないのだから。それに彼女を見詰めていると、その熱く孤独な心と共にあるのは、彼女の恋人であるあの小柄な判事ただ一人であることが分かるのだから。
 私はその場を立ち去り、それから三ヶ月近くもの間、抜け道には近寄らなかった。失った悲しみに耐えられそうになかったからだ。だが三ヶ月が過ぎようとする頃、どうしてもそこに行きたいという衝動が、もう二度と行きたくないという辛さに打ち勝った。それである夕方、気がつくと私は抜け道に佇み、どきどきしながらも夢中になって、抜け道と森の間に広がる芝生の風景を見詰めていた。この場所は私にとって聖なる場所だった。なぜなら、あの夜私が初めて《麗しきミルダス》に出会い、心を奪われた場所だったからだ。
 随分と長い時間私はそこに佇み、望みもないままに待ち、見詰め続けた。するといきなり、何かがこちらの方に向かってやって来て、私の腿にそっと触れた。見下ろすとそれは一匹のボア・アウンドで、私は胸が激しく高鳴った。何故なら、ミルダス嬢が近くに来ているのだと思ったからだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/174-3d816f23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。