Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And, as I waited, very hushed and watchful; yet with an utter beating heart; surely I heard a faint and low singing among the trees, so utter sad. And lo! it was Mirdath singing a broken love song, and a-wander there in the dark alone, save for her great dogs.
And I harked, with strange pain in me, that she did be so in pain; and I ached to bring her ease; yet moved not, but was very still there in the gap; save that my being was all in turmoil.
And presently, as I harked, there came a slim white figure out from among the trees; and the figure cried out something, and came to a quick pause, as I could see in the half-dark. And lo! in that moment, there came a sudden and unreasoned hope into me; and I came up out of the gap, and was come to Mirdath in a moment, calling very low and passionate and eager: "Mirdath! Mirdath! Mirdath!"
And this way I came to her; and her great dog that was with me, to bound beside me, in thought, mayhap, that it was some game. And when I came to the Lady Mirdath, I held out my hands to her, not knowing what I did; but only the telling of my heart that needed her so utter, and craved to ease her of her pain. And lo! she put out her arms to me, and came into mine arms with a little run. And there she bode, weeping strangely; but yet with rest upon her; even as rest was come sudden and wondrous upon me.

****************


 私は高鳴る胸を抑え、息を殺して待った。すると樹々の向こうから、とても悲しげな低い歌声が微かに聞こえてきた。ああ!それはミルダスの唄う失恋の歌であり、彼女はただ犬たちだけを供にして、薄闇の中をたった一人で彷徨い歩いているのだった。
 それを聞いた私は、彼女の胸の痛みを自分の痛みのように感じた。それで彼女を慰めてやりたいと心の底から思ったが、衝動をぐっと堪えて、抜け道にじっとそのまま佇んでいた。
 そうして歌声に耳を傾けていると、やがて樹々の向こうから、白くほっそりとした人影が現れた。その人影は何かを叫んでぴたりと足を止めたが、暗くて私には何とも判別しかねた。しかし次の瞬間、説明のし難い希望が突如私の中に沸き起こってきた。それで私は抜け道を飛び出してミルダスの方へ駆けて行き、低い声で、力強く情熱的に彼女の名を呼んだ。「ミルダス!ミルダス!ミルダス!」
 こうして私は彼女の元に向かった。彼女の犬たちも私と供にやって来て傍らで跳ねていたが、どうやら何かの遊びだと思ったようだった。そうしてミルダス嬢の傍らに辿り着いた時、私は我知らず彼女に向かって手を広げていた。だがその時私を突き動かしていたのは、彼女の胸の痛みを和らげてやりたいという一念が全てであった。ところが、彼女は両手を私の方に差し伸べ、小走りに私の腕の中に飛び込んできたのだ!そして堰を切ったように啜り泣き始めた。だがその姿には安らぎが感じられ、そしてその安らぎは、私の元にも降って湧いたのだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/175-dad5368a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。