Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And sudden, she moved in mine arms, and slipt her hands to me, very dear, and held her lips up to me, like some sweet child, that I kiss her; but, indeed, she was also a true woman, and in honest and dear love of me.
And this to be the way of our betrothal; and simple and wordless it was; yet sufficient, only that there is no sufficiency in Love.
Now, presently, she loosed herself out of mine arms, and we walked homeward through the woods, very quiet, and holding hands, as children do. And I then in a while to ask her about the man of the Court; and she laughed very sweet into the silence of the wood; but gave me no answer, save that I wait until we were come to the Hall.
And when we were come there, she took me into the great hall, and made a very dainty and impudent bow, mocking me. And so made me known to another lady, who sat there, upon her task of embroidering, which she did very demure, and as that she had also a dainty Mischief lurking in her.
And truly, the Lady Mirdath never to be done of naughty laughter, that made her dearly breathless with delight, and to sway a little, and set the trembling of pretty sounds in her throat; and surely she must pull down two great pistols from an arm-rack, that I fight a duel to the death with the lady of the embroidering, who held her face down over her work, and shook likewise with the wickedness of her laughter that she could not hide.
And in the end, the Lady of the Embroidering looked up sudden into my face; and I then to see somewhat of the mischief in a moment; for she had the face of the man of the Court suit, that had been lover to Mirdath.

****************


 そして突然彼女は私の腕の中で身体をよじり、愛しげに腕を私に絡ませて、まるで幼い子供のように唇を求めてきた。私は彼女にキスをしたが、しかしまた彼女は、私が真実の愛を捧げる、一人の成熟した女性でもあった。
 これが私たちの婚約の儀であった。シンプルで、言葉さえなかった。だがそれで十分だった。《愛》には、これで満足だということがないのだから。
 やがて彼女は私の腕から離れた。それから私たちは子供のように手を取り合い、静かに森を抜けて家路を辿った。しばらく歩いた頃、私は彼女に麗の判事のことを訊いてみた。すると彼女は静かな森の中に谺する、愛らしい笑い声を上げた。だがその答えは、玄関に辿り着くまでお預けにしてしまった。
 屋敷に辿り着くと、彼女は私を大広間に招き入れ、優美で大げさなお辞儀をして、からかうように私を見詰めた。それから彼女はそこに座って刺繍をしていた一人の女性を紹介してくれたが、その女性も妙に取り澄ましていて、ミルダス嬢に負けないくらいに何かを企んでいるように見えた。
 実際には、ミルダス嬢は無作法に大笑いをしたという訳ではなかったが、楽しそうに上気して、少し肩を震わせながら、喉から可愛いらしい声を漏らした。それから彼女は、私が刺繍をしていた女性と命を賭した決闘をするようにと、銃架から二挺のピストルを取ろうとした。するとその女性は手に持った刺繍に顔を埋めて、それでも隠し切れないほど悪戯っぽく、肩を震わせて笑うのだった。
 ひとしきり笑うと、その《刺繍をしている女性》はいきなり顔を上げて、私の顔を下から覗き込んだ。その瞬間、私はようやく彼女たちの仕掛けた悪戯の一部を伺い知った。何故なら彼女の顔は、ミルダスの恋人であったあの判事の服装をしていた男そのものであったからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/176-7fb3075e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。