Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And in the end, the Lady of the Embroidering looked up sudden into my face; and I then to see somewhat of the mischief in a moment; for she had the face of the man of the Court suit, that had been lover to Mirdath.
And the Lady Mirdath then to explain to me how that Mistress Alison (which was her name) was a dear and bosom friend, and she it was that had been drest in the Court suit to play a prank for a wager with a certain young man who would be lover to her, an he might. And I then to come along, and so speedy to offence that truly I never saw her face plain, because that I was so utter jealous. And so the Lady Mirdath had been more justly in anger than I supposed, because that I had put hands upon her friend, as I have told.
And this to be all of it, save that they had planned to punish me, and had met every evening at the gap, to play at lovers, perchance I should pass, so that I should have greater cause for my jealousy, and truly they to have a good revenge upon me; for I had suffered very great a long while because of it.
Yet, as you do mind, when I came upon them, the Lady Mirdath had a half-regret, that was very natural, because even then she was in love of me, as I of her; and because of this, she drew away, as you shall remember, being--as she confessed--suddenly and strangely troubled and to want me; but afterwards as much set again to my punishment, because that I bowed so cold and went away. And indeed well I might.
Yet, truly, all was safe ended now, and I utter thankful and with a mad delight in the heart; so that I caught up Mirdath, and we danced very slow and stately around the great hall, the while that Mistress Alison whistled us a tune with her mouth, which she could very clever, as many another thing, I wot.

****************


 ミルダス嬢が私に明かしてくれたことによると、ミストレス・アリソン(それが彼女の名前だ)は彼女の大切な親友であり、彼女は法服を身に着けて、まるで彼女の恋人の青年であるかのように振舞ってふざけていただけだったというのだ。ところがそこへ私が通りかかり、嫉妬の余り彼女の顔をはっきりと見ることもせず、かっとなってしまった。そして彼女の親友を押しのけてしまったものだから、当然のことながら彼女は私が考えていたよりもずっと腹を立てた、という訳だった。
 これが事の真相だったが、それから二人は私を懲らしめようと企み、それで毎夕抜け道で会っては、恋人同士のように振る舞ったのだ。たまたま私が通りがかれば、きっと嫉妬に身を焦がすだろうから、それが私に対するまたとない仕返しになると考えたのだ。私はそのせいで、随分と長い間苦しい思いをしたのだった。
 しかし心に留めて欲しいのだが、私が二人の前に現れた時、ミルダス嬢は半ば後悔していたのだ。私と同じく、彼女も私を愛していたのだから、それは自然な感情だった。覚えているだろうか、だからこそ彼女は親友から離れたのであり、後に告白したところによると、突然不思議なくらいに私を思うと胸が苦しくなったのだという。だが私はそっけなく頭を下げて立ち去ってしまったから、懲罰はその後も続くことになってしまったのだった。本当なら、そんなことはなくて済んだかもしれないのに。
 だがこれでようやく全ては丸く収まり、私の心の中には神への感謝と、気も狂わんばかりの喜びが満ち溢れていた。私はミルダスを抱きしめ、それからゆっくり堂々と、大広間の中を踊って回った。そしてその間、ミストレス・アリソンは巧みに口笛を操り、私の知らない沢山の曲を披露して、私たちを囃し立ててくれた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/177-b0573e4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。