Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And each day and all day after this Gladness, Mirdath and I could never be apart; but must go a-wander always together, here and there, in an unending joy of our togetherness.
And in a thousand things were we at one in delight; for we had both of us that nature which doth love the blue of eternity which gathers beyond the wings of the sunset; and the invisible sound of the starlight falling upon the world; and the quiet of grey evenings when the Towers of Sleep are builded unto the mystery of the Dusk; and the solemn green of strange pastures in the moonlight; and the speech of the sycamore unto the beech; and the slow way of the sea when it doth mood; and the soft rustling of the night clouds. And likewise had we eyes to see the Dancer of the Sunset, casting her mighty robes so strange; and ears to know that there shakes a silent thunder over the Face of Dawn; and much else that we knew and saw and understood together in our utter joy.
Now, there happened to us about this time a certain adventure that came near to cause the death of Mirdath the Beautiful; for one day as we wandered, as ever, like two children in our contentment, I made remark to Mirdath that there went only two of the great boar-hounds with us; and she then told me that the third was to the kennels, being sick.
Yet, scarce had she told me so much; ere she cried out something and pointed; and lo! I saw that the third hound came towards us, at a run, yet very strange-seeming in his going. And in a moment, Mirdath cried out that the hound was mad; and truly, I saw then that the brute slavered as he came running.
And in a moment he was upon us, and made never a sound; but leaped at me in one instant of time; all before I had any thought of such intent. But surely, My Beautiful One had a dreadful love for me, for she cast herself at the dog, to save me, calling to the other hounds. And she was bitten in a moment by the brute, as she strove to hold him off from me. But I to have him instant by the neck and the body, and brake him, so that he died at once; and I cast him to the earth, and gave help to Mirdath, that I draw the poison from the wounds.

****************


 この素晴らしい日の後には、ミルダスと私は決して離れはしなかった。何処へ行くのも常に寄り添い合って、共にいることの尽きることのない喜びを味わった。
 私たちが喜びの中で一つになれたのは、千に一つのことだった。私たちは共に、夕焼けの翼の向こうに広がる永遠の青空を愛するものたちであった。そしてまた、世界に降り注ぐ星明かりの音を、《眠りの塔》が黄昏の神秘の中に聳え立つ静かな灰色の宵を、月明かりの中に粛々と広がる緑なす牧草地を、楓とブナが囁きあうのを、憂いに沈んだ時の海の緩やかなうねりを、夜空の雲が立てる優しい音を、愛するものたちであった。また、私たちは共に《夕陽の踊子》と、彼女の纏う奇妙な衣装を目にした。そして《暁の顔》の上に響く静かな雷鳴を聞いた。その他にも様々なことを、私たちは共に見たり、知ったり、理解したりしたのだった。
 この頃、《麗しきミルダス》の死を招いた原因となったのかもしれない、とある事件が起こった。ある日、いつものように私たちは満ち足りた子供のようにそぞろ歩きをしていたのだが、ふと私は、ミルダスが二匹だけしかボア・ハウンドを連れていないことに気が付いた。すると彼女は私に、もう一匹は病気で犬舎にいるのよ、と言った。
 しかし彼女の言葉は不意に断ち切られた。彼女が指を指し、何かを叫んだのだ。ハッとした私の目に映ったのは、三匹目の犬がこちらに向かって走ってくる姿だったが、その行動がなんとも異様だった。するとすぐにミルダスが、あの犬は狂っているわ、と悲鳴を上げた。実際私の目には、犬がまるで野獣のように涎を垂らしながら走ってくる様子が見えた。
 すぐに犬は私たちに追いつき、それまで聞いたこともないような唸り声を上げた。そして間髪入れず私に飛び掛った。考える暇もないほど、全てはとっさの出来事だった。だが私の麗しき人は、心の底から愛している私を守ろうと自ら獣の前に身体を投げ出し、他の犬たちを呼んだ。次の瞬間、彼女はその獣の毒牙にかかったが、それでも獣を私から引き離しておこうと必死だった。私は慌てて獣の首と胴体を抱え込み、二つにへし折って、一息に絶命させた。それから私は犬を地面に放り出すと、ミルダスを抱き上げ、傷口から毒を吸い出した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/178-c811df28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。