Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And this I did so well as I might, despite that she would have me stop. And afterwards, I took her into mine arms, and ran very fierce all the long and weary way to the Hall, and with hot skewers I burned the wounds; so that when the doctor came, he to say I have saved her by my care, if indeed she to be saved. But, truly, she had saved me in any wise, as you shall think; so that I could never be done of honour to her.
And she very pale; but yet to laugh at my fears, and to say that she soon to have her health, and the wounds healed very speedy; but, indeed, it was a long and bitter time before they were proper healed, and she so well as ever. Yet, in time, so it was; and an utter weight off my heart.
And when Mirdath was grown full strong again, we set our wedding day. And well do I mind how she stood there in her bridal dress, on that day, so slender and lovely as may Love have stood in the Dawn of Life; and the beauty of her eyes that had such sober sweetness in them, despite the dear mischief of her nature; and the way of her little feet, and the loveliness of her hair; and the dainty rogue-grace of her movements; and her mouth an enticement, as that a child and a woman smiled out of the one face. And this to be no more than but an hint of the loveliness of My Beautiful One.
And so we were married.


****************


 作業は出来る限り手際よくやったが、彼女は私を止めようとした。全てを終えた後、私は彼女を両手で抱き上げて、うんざりするほど遠い玄関までの道を精一杯の速さで駆けてゆくと、熱した焼き串を傷を焼いた。医者がやって来たとき、彼は私に、彼女の命が助かったとしたら、それはあなたの処置がよかったからだと言った。しかし、そもそも彼女が私をその賢さで救ってくれたのだから、誉を受ける資格は私にはなかった。
 彼女はとても青ざめていた。しかし心配そうにしている私に向かって笑いかけ、すぐによくなるわ、と言った。実際、傷はすぐに治ったが、完全に回復して以前のようになるまでには長く辛い時間が必要だった。
 ミルダスがまた以前の元気を取り戻した時、私たちは婚礼の日を決めた。その日、ブライダル・ドレスを身に纏った彼女の佇む姿を、私ははっきりと覚えている。ほっそりと愛らしくて、まるで《生命の夜明け》に佇む女神のようだった。美しい彼女の瞳は甘く澄んで、悪戯ばかりしているとは思えないほどだった。それから彼女のゆっくりとした歩みと、愛らしい髪。上品でしなやかな身のこなし。魅力的な唇には、少女と大人の女性の微笑みが同居していた。だがそうした言葉の全ては、我が麗しの女の魅力を垣間見せることしか出来はしないのだ。
 そうして私たちは結婚した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/180-f16140f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。