Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
* * *

Mirdath, My Beautiful One, lay dying, and I had no power to hold Death backward from such dread intent. In another room, I heard the little wail of the child; and the wail of the child waked my wife back into this life, so that her hands fluttered white and desperately needful upon the coverlid.
I kneeled beside My Beautiful One, and reached out and took her hands very gentle into mine; but still they fluttered so needful; and she looked at me, dumbly; but her eyes beseeching.
Then I went out of the room, and called gently to the Nurse; and the Nurse brought in the child, wrapped very softly in a long, white robe. And I saw the eyes of My Beautiful One grow clearer with a strange, lovely light; and I beckoned to the Nurse to bring the babe near.
My wife moved her hands very weakly upon the coverlid, and I knew that she craved to touch her child; and I signed to the Nurse, and took my child in mine arms; and the Nurse went out from the room, and so we three were alone together.
Then I sat very gentle upon the bed; and I held the babe near to My Beautiful One, so that the wee cheek of the babe touched the white cheek of my dying wife; but the weight of the child I kept off from her.
And presently, I knew that Mirdath, My Wife, strove dumbly to reach for the hands of the babe; and I turned the child more towards her, and slipped the hands of the child into the weak hands of My Beautiful One. And I held the babe above my wife, with an utter care; so that the eyes of my dying One, looked into the young eyes of the child. And presently, in but a few moments of time; though it had been someways an eternity, My Beautiful One closed her eyes and lay very quiet. And I took away the child to the Nurse, who stood beyond the door. And I closed the door, and came back to Mine Own, that we have those last instants alone together.

****************


* * *
 
 ミルダス、私の美しい妻は、死の床にあった。私には死神を引き止めておくだけの力はなかった。隣の部屋から、子供の泣く声が微かに聞こえた。妻はその声に意識を取り戻し、白い手をベッドカバーの上で探るように震わせた。
 私はミルダスの傍らに跪き、優しくその手を取り、私の方に引き寄せた。しかし何かを求めるような手の震えは止まらなかった。そして彼女は私を無言で見詰めた。その眼差しは、何かを訴えかけていた。
 私は部屋を出て、静かに看護婦を呼んだ。看護婦は、白いローブに柔らかく包んだ赤ちゃんを連れてやってきた。すると愛しい妻の瞳が明るい光を宿し、澄み渡った。私は看護婦に、赤ちゃんを側に連れてきてくれるように手招きした。
 妻は手をベッドカバーの上で弱々しく動かした。私は妻が子供に触れたがっているのだと思った。それで私は看護婦に合図し、子供を自分の手に受け取った。看護婦が部屋から出てゆくと、私たちは三人だけになった。
 私は静かにベッドに腰を掛けた。そして赤ん坊を妻の側に寄せて、そのちっぽけな頬を死に行く妻の真っ白な頬に触れさせた。しかし子供の重みは妻の負担にならないように気を配った。
 するとすぐに、私の妻であるミルダスが、無言のまま赤ん坊に手を伸ばそうと懸命になっているのに気がついた。それで私は子供をさらに彼女の方へ寄せて、赤ん坊の手を妻の弱々しい手に握らせてやった。そして細心の注意を払い、妻に寄りかかる赤ん坊を支えた。すると死に行く妻の瞳が赤ん坊の無垢な瞳の中を覗き込んだ。それはほんの僅かな時間のことだったが、まるで永遠のようにも思えた。やがて妻は目を閉じ、静かに横たわった。それで私は子供をドアの向こうに立っていた看護婦に預けた。そしてドアを閉め、二人きりで残り僅かな時間を過ごすために、妻の傍らに戻った。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/181-8341e2a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。