Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And the hands of my wife lay very still and white; but presently they began to move softly and weakly, searching for somewhat; and I put out my great hands to her, and took her hands with an utter care; and so a little time passed.
Then her eyes opened, quiet and grey, and a little dazed seeming; and she rolled her head on the pillow and saw me; and the pain of forgetfulness went out of her eyes, and she looked at me with a look that grew in strength, unto a sweetness of tenderness and full understanding.
And I bent a little to her; and her eyes told me to take her into mine arms for those last minutes. Then I went very gentle upon the bed, and lifted her with an utter and tender care, so that she lay suddenly strangely restful against my breast; for Love gave me skill to hold her, and Love gave My Beautiful One a sweetness of ease in that little time that was left to us.
And so we twain were together; and Love seemed that it had made a truce with Death in the air about us, that we be undisturbed; for there came a drowse of rest even upon my tense heart, that had known nothing but a dreadful pain through the weary hours.
And I whispered my love silently to My Beautiful One, and her eyes answered; and the strangely beautiful and terrible moments passed by into the hush of eternity.
And suddenly, Mirdath My Beautiful One, spoke,--whispering something. And I stooped gently to hark; and Mine Own spoke again; and lo! it was to call me by the olden Love Name that had been mine through all the utter lovely months of our togetherness.
And I began again to tell her of my love, that should pass beyond death; and lo! in that one moment of time, the light went out of her eyes; and My Beautiful One lay dead in mine arms . . . My Beautiful One. . . .

****************


 妻の手はとても白く、じっと動かなかった。だがしばらくするとまた力なく緩やかに動き始め、何かを探ろうとした。私は自分の手を彼女の方に伸ばし、そっとその手を取った。そしてしばらくはそのままじっとしていた。
 ふと彼女の目が開いたが、その穏やかで灰色の眼差しは、少し虚ろに見えた。それから彼女は枕の上で頭を少し動かして、私を見た。すると私を見詰める彼女の瞳からはぼんやりとした様子が消え、思いやりに満ちた、慈愛に満ちた眼差しを次第に取り戻していった。
 私は彼女の顔を覗き込んだ。すると彼女の瞳が、最後の瞬間を私の腕の中で迎えたいと語っていた。それで私はベッドの上にそっと滑り込んで、彼女の身体を注意深くそっと抱き上げた。すると彼女は驚くほど安心しきった様子で、ぐったりと私の胸に身体を預けてきた。彼女の身体を支えきれたのは、愛の力だった。そして愛は、私たちが離れ離れになる前のその僅かな時間に、妻に甘いやすらぎを与えてくれたのだ。
 私たちは二人で一つだった。そして愛は、死神を私たちの間際で引き留め、誰にも邪魔されない二人だけの時間を与えてくれた。辛く長い時間を通じて、引き裂かれるような想いばかりを感じ続けていた私の張り詰めた心にも、安らいだ微睡が訪れた。
 私が妻に愛の言葉を静かに囁きかけると、彼女の瞳がそれに答えてくれた。奇妙に美しく、そして恐ろしいひとときが、永遠の静寂の中で過ぎていった。
 そして突然、私の愛しい妻が、口を開き、何かを囁いた。私はそっと首を傾け、耳を欹てた。すると彼女はまた口を開いた。ああ!それは共に過ごした愛の日々の中で彼女が私をそう呼んでいた、懐かしい呼称であった。
 そしてまた私は彼女に愛の言葉を囁いた。それが死を遠ざけてくれるとでもいうかのように。ああ、だが次の瞬間、彼女の瞳から光が消えた。私の愛しい妻は、私の腕の中で息を引き取った……私の愛しい妻……

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/182-8f68fae7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。