Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
II
THE LAST REDOUBT

Since Mirdath, My Beautiful One, died and left me lonely in this world, I have suffered an anguish, and an utter and dreadful pain of longing, such as truly no words shall ever tell; for, in truth, I that had all the world through her sweet love and companionship, and knew all the joy and gladness of Life, have known such lonesome misery as doth stun me to think upon.
Yet am I to my pen again; for of late a wondrous hope has grown in me, in that I have, at night in my sleep, waked into the future of this world, and seen strange things and utter marvels, and known once more the gladness of life; for I have learned the promise of the future, and have visited in my dreams those places where in the womb of Time, she and I shall come together, and part, and again come together--breaking asunder most drearly in pain, and again reuniting after strange ages, in a glad and mighty wonder.
And this is the utter strange story of that which I have seen, and which, truly, I must set out, if the task be not too great; so that, in the setting out thereof, I may gain a little ease of the heart; and likewise, mayhap, give ease of hope to some other poor human, that doth suffer, even as I have suffered so dreadful with longing for Mine Own that is dead.

****************


Ⅱ. 《最後の閣砦》ラスト・リダウト
 
 私の愛しき妻ミルダスが死んで、たった一人でこの世に取り残されてからというもの、私が味わった苦悶や、彼女を求める絶望的な気持ちは、とても言葉には出来ない。実際のところ、私にとって彼女との甘い愛と交流こそが世界の全てであり、命の悦びや愉しさを感じさせてくれるものであったからだ。だからそうした孤独の寂しさに、私は心底打ちひしがれてしまったのだ。
 だが私は再びペンを取ろうと思う。なぜなら、最近になって私の中に驚くべき希望が芽生えたからだ。夜になって眠りに就くと、私は未来の世界で目を醒まし、不思議な事物や圧倒されるような驚異を目にした。そして生きることの喜びを今一度知ったのだ。そう、私は未来が約束されていると知った。夢の中で、《時》の子宮の中に存在する場所を訪れたのだ。彼女と私は結ばれ、離れ離れになり、そしてまた巡り合う運命にある……耐え難い苦しみを味わいながら引き裂かれ、そして見知らぬ時代を経て、また喜びと驚きの中で再会するのだ。
 これは私が目にした、本当に奇妙な物語である。私の手には負えないかもしれないが、それでも語らなければならない。それは、語ることによって私の心が慰められるかもしれないからだが、さらに言えば、妻の死によって悲痛な思いに苛まれている私と同じような思いをしている、他の不幸な人々への慰めとなるかもしれないと思うからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/183-fe88bcaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。