Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And some shall read and say that this thing was not, and some shall dispute with them; but to them all I say naught, save "Read!" And having read that which I set down, then shall one and all have looked towards Eternity with me--unto its very portals. And so to my telling:

To me, in this last time of my visions, of which I would tell, it was not as if I dreamed; but, as it were, that I waked there into the dark, in the future of this world. And the sun had died; and for me thus newly waked into that Future, to look back upon this, our Present Age, was to look back into dreams that my soul knew to be of reality; but which to those newly-seeing eyes of mine, appeared but as a far vision, strangely hallowed with peacefulness and light.
Always, it seemed to me when I awaked into the Future, into the Everlasting Night that lapped this world, that I saw near to me, and girdling me all about, a blurred greyness. And presently this, the greyness, would clear and fade from about me, even as a dusky cloud, and I would look out upon a world of darkness, lit here and there with strange sights. And with my waking into that Future, I waked not to ignorance; but to a full knowledge of those things which lit the Night Land; even as a man wakes from sleep each morning, and knows immediately he wakes, the names and knowledge of the Time which has bred him, and in which he lives. And the same while, a knowledge I had, as it were sub-conscious, of this Present--this early life, which now I live so utterly alone.

****************


 この物語を読んで、こんなことはありえないという人はいるだろうし、違った意見を持つ人もいることだろう。だが、私にはただ「読んで欲しい!」としか言えない。そしてここに書き記したものを読み進みながら、私とともに《永劫》を――その扉の向こうを、覗き見て欲しい。それでは、語り始めよう。
 
 私にとって、これから語ろうとしている終末の光景は、“夢を見ている”という感じではなかった。それはいわば、“この世界の未来”に、暗闇の中で“目が醒めた”という感じだった。そこでは太陽は終末を迎えていた。後で思い返してみると、《未来》で新たに目を醒ました時には、私にとってこの《現在》というものは、自分の魂がリアリティを持って知っている夢の記憶を辿っているかのようだった。しかし、そうした新たな獲得した目で見ると、現在のことは、穏やかさと光に包まれて不思議な神聖さを纏った、遠い幻のようだった。
 私が《未来》で、世界を包み込む《永遠の夜》の中で目を醒ました時には、いつも近くに私を取り巻くぼんやりとした灰色の輪のような靄が見えるように思えた。だがやがてその灰色の靄は薄れ、薄暗い雲のように私の周りから消え去り、私は闇の世界のあちらこちらで光を発するものがある、奇妙な光景を見渡しているのだった。《未来》で目を醒ました時、私は何も分からないという状態ではなかった。《ナイトランド》で光を灯している様々なものたちについての知識は十分に持っていたのだ。人が毎朝眠りから醒めた時には、自分の名前や、これまでの生きてきた時間についての知識を持っているように。そして同時に、私がたった一人で孤独に生活をしているこの《現在》――この前世についての知識も、二次的な意識として持ち合わせていた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/184-ff5391a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。