Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
As I have said, in my earliest memory, I mind that I stood in an embrasure, high up in the side of the Pyramid, and looked outwards through a queer spy-glass to the North-West. Aye, full of youth and with an adventurous and yet half-fearful heart.
And in my brain was, as I have told, the knowledge that had come to me in all the years of my life in the Redoubt; and yet until that moment, this Man of this Present Time had no knowledge of that future existence; and now I stood and had suddenly the knowledge of a life already spent in that strange land, and deeper within me the misty knowings of this our present Age, and, maybe, also of some others.
To the North-West I looked through the queer spy-glass, and saw a landscape that I had looked upon and pored upon through all the years of that life, so that I knew how to name this thing and that thing, and give the very distances of each and every one from the "Centre-Point" of the Pyramid, which was that which had neither length nor breadth, and was made of polished metal in the Room of Mathematics, where I went daily to my studies.
To the North-West I looked, and in the wide field of my glass, saw plain the bright glare of the fire from the Red Pit, shine upwards against the underside of the vast chin of the North-West Watcher--The Watching Thing of the North-West. . . . "That which hath Watched from the Beginning, and until the opening of the Gateway of Eternity" came into my thoughts, as I looked through the glass . . . the words of Æsworpth, the Ancient Poet (though incredibly future to this our time). And suddenly they seemed at fault; for I looked deep down into my being, and saw, as dreams are seen, the sunlight and splendour of this our Present Age. And I was amazed.

****************


 既に語ったように、最初の記憶の中で、私はピラミッドの上部にある銃眼に立ち、奇妙な望遠鏡を通じて北西の方向を覗き見ていた。そう、溢れるほどの冒険心を備えた若さと、それに半ば慄く気持ちを胸にして。
 私の頭の中は、既に述べたように、《閣砦》リダウトで育ったこれまでの日々の知識で満たされていた。そしてその瞬間までは、この“今の時を生きる人間”である私には、未来の生活についての知識などなかった。だがそうして佇んでいた私に、突然、その奇妙な場所で過ごした日々の記憶と、自分の深い場所に潜在している前世の記憶、それに恐らくはさらに多くの潜在的な記憶が一度に蘇ったのだ。
 不思議な望遠鏡を通じて北西の方角を見ると、そこに広がるのは、この世に生を受けて以来の年月を通じて子細に眺め暮らしてきた光景で、私はそこに存在しているものたちも、それらの名前がどうして名づけられたのかも知っていたし、さらにはそれらの一つ一つが、私が日々の研究のために訪れる《数学の間》にある、長さも幅もない磨かれた金属で作られたピラミッドの《中心点》センター・ポイントからどれだけ離れているかも知っていた。
 北西の方角を眺める時、望遠鏡の広い視野の中に映るのは、《赤い窪》レッド・ピットの中で燃えている炎のゆらゆらと揺らめく火照りが、《北西の監視者》ノースウェスト・ウォッチャー――北西を監視するもの――の巨大な顎を下から照らし出している、平原の光景だった……『創世の時から監視を続けるその者は、“永遠の門”が開く時までその役をやめない』という言葉が、望遠鏡を通じて眺めていた私の脳裏に浮かんだが、それは“古代”詩人アエスワープス(私たちから見れば、信じられないほど未来の人物である)の言葉だった。しかし、突然その言葉が間違っているのではないかと思えてきた。というのは、私は自分の中深くに降りて行って、夢を見るかのように、この“現代”の太陽の輝きや光溢れる世界を見たからだった。それで、私は驚かされたのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/186-d9c9055d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。