Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And now, to go back from my digression, it was, as I have said, I had amazement at perceiving, in memory, the unknowable sunshine and splendour of this age breaking so clear through my hitherto most vague and hazy visions; so that the ignorance of Æsworpth was shouted to me by the things which now I knew.
And from that time, onward, for a little space, I was stunned with all that I knew and guessed and felt; and all of a long while the hunger grew for that one I had lost in the early days--she who had sung to me in those faery days of light, that had been in verity. And the especial thoughts of that age looked back with a keen, regretful wonder into the gulf of forgetfulness.
But, presently, I turned from the haze and pain of my dream-memories, once more to the inconceivable mystery of the Night Land, which I viewed through the great embrasure. For on none did it ever come with weariness to look out upon all the hideous mysteries; so that old and young watched, from early years to death, the black monstrosity of the Night Land, which this our last refuge of humanity held at bay.

****************


 随分と横道に逸れたが、そうして記憶を手に入れたことによって、決して知りえないはずの太陽の輝きやこの時代の明るさといった、これまではもっと漠然とした曖昧な想像の賜物でしかなかったものが、はっきりとした形を取って知覚されたということに私は驚かされた。だからこうして知識を手に入れた今となっては、アエスワープスは真実を知らなかったのだと私には思えたのだった。
 この時から暫くの間に私が知ったこと、考えたこと、感じたことの全てが想像を絶していた。そして時間が経つにつれ、かつての日々で失った女性――かつて確かに存在した光溢れる夢のような日々に私のために歌を歌ってくれた女性――への思慕が、狂おしいほどに増幅して行った。そして未来の私はしみじみと、忘却の淵に沈んだかつての素晴らしい世界に思いを馳せたのだった。
 やがて私は霧がかった夢の記憶の疼きから自分を取り戻し、今一度巨大な銃眼を通じて、《ナイトランド》の想像を絶する奇妙な光景を眺めた。そこに広がるぞっとするような神秘の光景を眺めて、退屈を感じるような人間はかつて一人もいなかったに違いない。だからこそ老いも若きも、物心がついてから死を迎えるその時まで、我ら人間を匿ってくれる最後の砦から《ナイトランド》の漆黒の世界を眺めて来たのだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/188-1d614f20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。