Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
To the right of the Red Pit there lay a long, sinuous glare, which I knew as the Vale of Red Fire, and beyond that for many dreary miles the blackness of the Night Land; across which came the coldness of the light from the Plain of Blue Fire.
And then, on the very borders of the Unknown Lands, there lay a range of low volcanoes, which lit up, far away in the outer darkness, the Black Hills, where shone the Seven Lights, which neither twinkled nor moved nor faltered through Eternity; and of which even the great spy-glass could make no understanding; nor had any adventurer from the Pyramid ever come back to tell us aught of them. And here let me say, that down in the Great Library of the Redoubt, were the histories of all those, with their discoveries, who had ventured out into the monstrousness of the Night Land, risking not the life only, but the spirit of life.

****************


 《赤い窪》レッド・ピットの右手には《赤い火の谷》ベール・オブ・レッド・ファイアと呼ばれる長く曲がりくねった火照りの道が横たわっており、その向こう側には《ナイトランド》の漆黒の闇が不気味に何マイルにも渡って続いていた。そしてその闇の中には《青い火の原》プレイン・オブ・ブルー・ファイアが横たわり、冷たい光を放っていた。
 そして《未知の領域》アンノウン・ランドの辺境そのものに、低い火山が幾つも連なって火を噴いており、そのさらに彼方の闇の中には《黒の丘陵》ブラック・ヒルズが、永遠に揺らぎも瞬きもしない《七光》セブン・ライツを輝かせている。その辺りになると、この巨大な望遠鏡でさえはっきとは伺えない。さらに言えば、このピラミッドから冒険の旅に出て、何らかの情報を持ち帰った者もいない。ここで言っておくが、《閣砦中央図書館》グレート・ライブラリー・オブ・ザ・リダウトの奥深くには、生命ばかりか魂までもを賭して《ナイトランド》の恐るべき領域へ冒険に出かけた人々の歴史が、彼らの持ち帰った様々な発見と共に所蔵されている。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/189-29cc49f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。