Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And surely it is all so strange and wonderful to set out, that I could almost despair with the contemplation of that which I must achieve; for there is so much to tell, and so few words given to man by which he may make clear that which lies beyond the sight and the present and general knowings of Peoples.
How shall you ever know, as I know in verity, of the greatness and reality and terror of the thing that I would tell plain to all; for we, with our puny span of recorded life must have great histories to tell, but the few bare details we know concerning years that are but a few thousands in all; and I must set out to you in the short pages of this my life there, a sufficiency of the life that had been, and the life that was, both within and without that mighty Pyramid, to make clear to those who may read, the truth of that which I would tell; and the histories of that great Redoubt dealt not with odd thousands of years; but with very millions; aye, away back into what they of that Age conceived to be the early days of the earth, when the sun, maybe, still gloomed dully in the night sky of the world. But of all that went before, nothing, save as myths, and matters to be taken most cautiously, and believed not by men of sanity and proved wisdom.

****************


 もちろんこうしたことは何もかもが語るには余りにも奇妙で驚異に満ちたことだから、私にこの仕事が最後まで成し遂げられるだろうかと思うと、ほとんど絶望的な気分になる。語らなければならないことは山のようにあるが、目の前に広がる光景や身の回りのこと、それにその時代の人々が持っている一般的な知識について明確に語って聞かせるには、手持ちの言葉が余りにも乏しいのだ。
 これから私がありのままに語ろうとしている物事の大きさ、現実感、そして恐怖について、私がそれを真実であると知っているように、読者に伝えることが出来るだろうか。私たちにしてみれば、自分たちのちっぽけな生活の中にさえ語るべき偉大な歴史があるというのに、そうした日々の中ではっきりと詳しく知っていると言えることなど、せいぜいが数千といったところだ。だが私はこの限られた紙幅の中であちらでの自分の生活について……それまでの満ち足りた日々と、それから巨大なピラミッドの内と外の両方の日々について語らなければならず、しかも私の語ることが真実であると、これを読む人々に分かってもらわなければならない。さらには、偉大な《閣砦》リダウトの数奇な歴史は数千年どころではなく、何百万年にも及ぶのだ。そう、あの時代の人々が遥か昔に思いを馳せ、地球の幼年期を想像したとしても、太陽は世界の夜空の鈍く暗い球体でしかないかもしれない。しかし太陽は完全に姿を消して、神話の中にしか存在しない存在になってしまっているのだから、慎重にならざるを得ないし、正気の人間や分別を重んじる人にとっては、信じ難いことだろう。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/190-6a75aa2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。