Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And as it was with the Road Where The Silent Ones Walk, so it was with all those other monstrous things . . . whole libraries had there been made upon this and upon that; and many a thousand million mouldered into the forgotten dust of the earlier world.
I mind me now that presently I stepped upon the central travelling-roadway which spanned the one thousandth plateau of the Great Redoubt. And this lay six miles and thirty fathoms above the Plain of the Night Land, and was somewhat of a great mile or more across. And so, in a few minutes, I was at the South-Eastern wall, and looking out through The Great Embrasure towards the Three Silver-fire Holes, that shone before the Thing That Nods, away down, far in the South-East. Southward of this, but nearer, there rose the vast bulk of the South-East Watcher--The Watching Thing of the South-East. And to the right and to the left of the squat monster burned the Torches; maybe half-a-mile upon each side; yet sufficient light they threw to show the lumbered-forward head of the never-sleeping Brute.
To the East, as I stood there in the quietness of the Sleeping-Time on the One Thousandth Plateau, I heard a far, dreadful sound, down in the lightless East; and, presently, again--a strange, dreadful laughter, deep as a low thunder among the mountains. And because this sound came odd whiles from the Unknown Lands beyond the Valley of The Hounds, we had named that far and never-seen Place "The Country Whence Comes The Great Laughter." And though I had heard the sound, many and oft a time, yet did I never hear it without a most strange thrilling of my heart, and a sense of my littleness, and of the utter terror which had beset the last millions of the world.

****************


 《無言のやつらの歩む道》に沿ってゆくなら、他の恐ろしいものにも全て触れることになる……ここにある図書室には、それらのことについて特化したものがいくつもあるくらいだ。そして十億冊以上にも及ぶ書物が、時とともに塵と化して忘れ去られていった。
 ふと思いついた私は、間もなく《閣砦》の第一千階層を横断する中央移動帯に乗った。この道は《ナイトランド》の原野から六マイルと三十ファザム上方にあって、全長が一マイルかそれ以上ある。数分後、私は南東の壁に到着し、巨大な朝顔口を通して正面の《銀火の三穴》スリー・シルバーファイア・ホールズを眺めたが、その輝きは南東の遥か彼方の《うたた寝するもの》シング・ザット・ノッズのずっと手前にあった。その南、しかしもっとこの場所の近くに《南東の監視者》サウス=ウェスト・ウォッチャー――南東を監視するもの――の巨体が聳えていた。そしてその蹲る怪物の左右には、松明が燃えていた。どちらの松明も、監視者からは半マイルほどは離れているようだった。だがその光は、決して眠ることのない怪物の、前に張り出した頭を照らし出すには十分だった。
 そうして私が第一千階層の《眠りの時》の静寂に包まれて佇んでいると、光のない東方の彼方から、微かな恐ろしい音が聞こえてきた。そして続いてまた――奇妙で、恐ろしい笑い声が、山間に轟く低い雷鳴のように、重々しく聞こえてきた。この奇怪な音は《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンドを超えた《未知の土地》から時折聞こえてくるため、私たちはその今だ見たこともない遠い場所を《大きな笑い声が響いてくる国》ザ・カントリー・ウェンス・カムズ・ザ・グレート・ラフターと名付けた。私はこれまでにもその音を何度も耳にしてきたが、いまだに心が凍りそうな奇妙な感覚を覚えるし、この世界の最後の百万人を取り巻いている底のない戦慄や、自分の小ささも同時に感じるのだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/192-01633fcb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。