Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Yet, because I had heard the Laughter oft, I paid not over-long attention to my thoughts upon it; and when, in a little it died away into that Eastern Darkness, I turned my spy-glass upon the Giants' Pit, which lay to the South of the Giants' Kilns. And these same Kilns were tended by the giants, and the light of the Kilns was red and fitful, and threw wavering shadows and lights across the mouth of the pit; so that I saw giants crawling up out of the pit; but not properly seen, by reason of the dance of the shadows. And so, because ever there was so much to behold, I looked away, presently, to that which was plainer to be examined.
To the back of the Giants' Pit was a great, black Headland, that stood vast, between the Valley of The Hounds (where lived the monstrous Night Hounds) and the Giants. And the light of the Kilns struck the brow of this black Headland; so that, constantly, I saw things peer over the edge, coming forward a little into the light of the Kilns, and drawing back swiftly into the shadows.
And thus it had been ever, through the uncounted ages; so that the Headland was known as The Headland From Which Strange Things Peer; and thus was it marked in our maps and charts of that grim world.
And so I could go on ever; but that I fear to weary; and yet, whether I do weary, or not, I must tell of this country that I see, even now as I set my thoughts down, so plainly that my memory wanders in a hushed and secret fashion along its starkness, and amid its strange and dread habitants, so that it is but by an effort I realise me that my body is not there in this very moment that I write. And so to further tellings:
Before me ran the Road Where The Silent Ones Walk; and I searched it, as many a time in my earlier youth had I, with the spy-glass; for my heart was always stirred mightily by the sight of those Silent Ones.
And, presently, alone in all the miles of that night-grey road, I saw one in the field of my glass--a quiet, cloaked figure, moving along, shrouded, and looking neither to right nor left. And thus was it with these beings ever. It was told about in the Redoubt that they would harm no human, if but the human did keep a fair distance from them; but that it were wise never to come close upon one. And this I can well believe.


****************


 しかし私は、これまでにも何度もその笑い声を聞いてきたから、それほど長い時間そちらに気を取られはしなかった。その声が《東の暗闇》イースタン・ダークネスの中に溶け込んで消えてしまうと、すぐに望遠鏡を《巨人の穴》ジャイアンツ・ピットの方に回したが、それは《巨人の窯》ジャイアンツ・キルンスの南に穿たれていた。これらいくつもある窯は巨人たちによって見張られていたが、そこから出る光は赤く明滅し、ゆらめく影と光を穴の淵に投げかけていた。そのため、私の目には穴から這い上がってくる巨人たちの姿が見えた。しかし影がゆらゆらと躍るから、細部まで確認できるというわけではない。それで私は、他にも見るべきものが沢山あるのだからとそこから目を逸らし、もっと簡単に目に入ってくるものに注意を向けた。
 《巨人の穴》の向こうには、巨大な黒い段丘が《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンド(そこにはぞっとするような《夜の猟犬》ナイト・ハウンズ)が棲み付いている)と巨人たちとの間に聳え立っていた。そして窯の光がこの黒い崖線の上部に当たっていた。それで、私の目には絶え間なくその縁から身を乗り出してはこちらを伺っているものの姿が映ったが、そいつは窯の光の中にちょっと身を晒しては、すぐにまた影の中に身を隠すのだった。
 こうしたことは、計り知れないほどの年月にわたって繰り返されてきた。だからその段丘は《奇妙なものが覗く段丘》ヘッドランド・フロム・ウィッチ・ストレンジ・シングス・ピア として知られてきた。そしてまた、この恐ろしい世界の地図や図表にもそう記されていた。
 こんな調子で続けることは容易いが、飽きてしまいそうだ。だが、飽きようと飽きまいと、私は自分が目にしているこの国について語らなければならないし、こうして私の思考を書き付けながら、今なお、はっきりと私の記憶は静かで秘密めいたやり方で、その荒涼とした、奇妙で恐ろしい環境の中を中を彷徨っているのだから、こうして書いている今この瞬間に、自分の身体がそこに存在する訳ではないということを忘れてしまいそうになる。ともかく続きを語ろう。
 私の目の前には《無言のやつらの歩む道》が伸びている。私はそこを、今よりもずっと若い頃から何度も繰り返してきたように、望遠鏡を使って確かめた。私の心はいつでも、これら《無言のやつら》を見ると、激しくかき乱されるのだ。
 するとまもなく、夜陰に覆われた長い道の中にたった一人だけ、《無言のやつら》の姿を望遠鏡の中に捉えた――静かで、マントを纏った人影が、秘密めいた様子で、脇目も降らずに道に沿って進んで行く。いつもそんな感じだった。彼らからそれなりの距離をとってさえいれば人に危害を加えたりはしないと、《閣砦》の中では言われてはいた。だが、近づかない方が懸命だった。その点については、十分に確信できた。


"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/193-46527816

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。