Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And so, searching the road with my gaze, I passed beyond this Silent One, and past the place where the road, sweeping vastly to the South-East, was lit a space, strangely, by the light from the Silver-fire Holes. And thus at last to where it swayed to the South of the Dark Palace, and thence Southward still, until it passed round to the Westward, beyond the mountain bulk of the Watching Thing in the South--the hugest monster in all the visible Night Lands. My spy-glass showed it to me with clearness--a living hill of watchfulness, known to us as The Watcher Of The South. It brooded there, squat and tremendous, hunched over the pale radiance of the Glowing Dome.
Much, I know, had been writ concerning this Odd, Vast Watcher; for it had grown out of the blackness of the South Unknown Lands a million years gone; and the steady growing nearness of it had been noted and set out at length by the men they called Monstruwacans; so that it was possible to search in our libraries, and learn of the very coming of this Beast in the olden-time.
And, while I mind me, there were even then, and always, men named Monstruwacans, whose duty it was to take heed of the great Forces, and to watch the Monsters and the Beasts that beset the great Pyramid, and measure and record, and have so full a knowledge of these same that, did one but sway an head in the darkness, the same matter was set down with particularness in the Records.

****************


 そして私は視線を道に沿って這わせ、《無言のやつら》の向こう、道の周りに広がる全景に目を遣ったが、南東に広がるその一帯は奇妙に仄明るく、それは《銀火の三穴》から漏れてくる明かりのせいだった。そして道に沿って南の《闇の宮殿》ダーク・パレスの支配下を抜けると、そのさらに南、西に向かって湾曲してゆく手前で、南を監視する怪物の巨体が、山の向こうに見えてくる――それは、《ナイトランド》の目に映る範囲の中では、最も巨大な怪物である。私の望遠鏡が、はっきりとその姿を見せてくれる――それは油断のならない生ける小山であり、《南の監視者》ウオッチング・シング・イン・ザ・サウスとして知られていた。そいつは《輝くドーム》グローイング・ドームの青白い光の上に覆い被さるように、その巨体の背を丸くして蹲っていた。
 この奇妙な大監視者に関しては、これまでに多くの書物が記されてきた。そいつは百万年前に《南の知られざる土地》サウス・アンノウン・ランズの闇から現れて成長してきた。そしてここまで安定した成長を続けてきたその様子は、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる人々によって詳細に記録されてきた。その記録は図書室で参照することが可能であり、さらには、いにしえの日々にこの怪物がやってきた様子を知ることも出来る。
 私の知る限り、その時はもちろんそうだが、常に、《怪物警備官》モンストルワカンと呼ばれる職務についた人々が、多大な努力をもって警戒に当たり、このピラミッドを取り巻く怪物やけだものたちを見張ってはその一部始終を記録しているのだが、彼らは変わらぬ状態というものを知り尽くしているから、何かが暗闇で頭を揺らしていたりすると、変わらぬことに添えて、そうした特別な出来事も同時に記録に書き残している。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/194-f152ccff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。