Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And, so to tell more about the South Watcher. A million years gone, as I have told, came it out from the blackness of the South, and grew steadily nearer through twenty thousand years; but so slow that in no one year could a man perceive that it had moved.
Yet it had movement, and had come thus far upon its road to the Redoubt, when the Glowing Dome rose out of the ground before it--growing slowly. And this had stayed the way of the Monster; so that through an eternity it had looked towards the Pyramid across the pale glare of the Dome, and seeming to have no power to advance nearer.
And because of this, much had been writ to prove that there were other forces than evil at work in the Night Lands, about the Last Redoubt. And this I have always thought to be wisely said; and, indeed, there to be no doubt to the matter, for there were many things in the time of which I have knowledge, which seemed to make clear that, even as the Forces of Darkness were loose upon the End of Man; so were there other Forces out to do battle with the Terror; though in ways most strange and unthought of by the human mind. And of this I shall have more to tell anon.
And here, before I go further with my telling, let me set out some of that knowledge which yet remains so clear within my mind and heart. Of the coming of these monstrosities and evil Forces, no man could say much with verity; for the evil of it began before the Histories of the Great Redoubt were shaped; aye, even before the sun had lost all power to light; though, it must not be a thing of certainty, that even at this far time the invisible, black heavens held no warmth for this world; but of this I have no room to tell; and must pass on to that of which I have a more certain knowledge.
The evil must surely have begun in the Days of the Darkening (which I might liken to a story which was believed doubtfully, much as we of this day believe the story of the Creation). A dim record there was of olden sciences (that are yet far off in our future) which, disturbing the unmeasurable Outward Powers, had allowed to pass the Barrier of Life some of those Monsters and Ab-human creatures, which are so wondrously cushioned from us at this normal present. And thus there had materialized, and in other cases developed, grotesque and horrible Creatures, which now beset the humans of this world. And where there was no power to take on material form, there had been allowed to certain dreadful Forces to have power to affect the life of the human spirit. And this growing very dreadful, and the world full of lawlessness and degeneracy, there had banded together the sound millions, and built the Last Redoubt; there in the twilight of the world--so it seems to us, and yet to them (bred at last to the peace of usage) as it were the Beginning; and this I can make no clearer; and none hath right to expect it; for my task is very great, and beyond the power of human skill.
And when the humans had built the great Pyramid, it had one thousand three hundred and twenty floors; and the thickness of each floor was according to the strength of its need. And the whole height of this pyramid exceeded seven miles, by near a mile, and above it was a tower from which the Watchmen looked (these being called the Monstruwacans). But where the Redoubt was built, I know not; save that I believe in a mighty valley, of which I may tell more in due time.
And when the Pyramid was built, the last millions, who were the Builders thereof, went within, and made themselves a great house and city of this Last Redoubt. And thus began the Second History of this world. And how shall I set it all down in these little pages! For my task, even as I see it, is too great for the power of a single life and a single pen. Yet, to it!
And, later, through hundreds and thousands of years, there grew up in the Outer Lands, beyond those which lay under the guard of the Redoubt, mighty and lost races of terrible creatures, half men and half beast, and evil and dreadful; and these made war upon the Redoubt; but were beaten off from that grim, metal mountain, with a vast slaughter. Yet, must there have been many such attacks, until the electric circle was put about the Pyramid, and lit from the Earth-Current. And the lowest half-mile of the Pyramid was sealed; and so at last there was a peace, and the beginnings of that Eternity of quiet watching for the day when the Earth-Current shall become exhausted.

****************


 《南の監視者》に関しては、さらに言うべきことがある。既に述べたように、百万年前に南の闇からやってきたこの監視者は、二万年ほどの時間をかけて、刻々と近づいてきた。だが、余りにもゆっくりであったから、一年の間にどれだけ移動したのか、誰にも分からなかった。
 だが《監視者》は確実に移動していたし、そいつの進む先の大地から《輝くドーム》が生まれた時には、既に《閣砦》へと通じる道の外れにまで、じわりじわりとした歩みで、やって来ていた。だが、これが怪物を道の上に足止めした。それからというもの、そいつはドームの青白い輝き越しにピラミッドをただ眺め続けているだけで、もはやそれ以上前進する力はなくなったかのように見えた。
 これを根拠として、《最後の閣砦》ラスト・リダウトを取り巻く《ナイトランド》の邪悪な存在とは異なった力が存在するのだと言われるようになった。私もこれは正しい意見だと常々考えていた。実際のところ、私にはその時代のものに対する知識が豊富だったし、さらには“暗黒の力”が人類の滅亡を引き起こしたことも明白だと思えたから、それは疑いがないように思えたのだ。そして別の“力”が生まれ、こうして“恐怖”と戦っている。しかしこれは人智に及ばないことだ。だから、それに関してはまたいずれ話すことにした方が良さそうだ。
 ここで話を進める前に、私の胸の裡にある確かな知識について、いくらかでも語っておこうと思う。これらの奇怪で邪悪な“力”がやってきた理由については、誰一人として真実を知っているわけではない。その邪悪は、大いなる《閣砦》の歴史の開闢以前に始まった。太陽が光を放つ力を失う以前のことである。とはいえ、それは確実なことではないし、暗い空が世界を温めるということのない、この闇に閉ざされた遥かな未来においては、なおさら確信を持てなくなる。だから私には何とも言えない。私はもっと確かな知識を伝えるべきなのだろう。
 その邪悪が“翳りゆく時代”に始まったことは確かである(私はその話を疑わしく思っていたが、それはこの現代の人々が創世の物語を信じているのと同じような感覚である)。いにしえの科学(我々にとっては遥かな未来であるが)に関する数少ない記録によると、《結界》アウドワード・パワーズを修復不可能な程に乱してしまったため、一部のこうした怪物や妖怪たちに、以前のような普通の状態であればほぼ完璧に緩衝壁として機能してくれていたはずの《生命保護層》バリアー・オブ・ライフを通過することを許してしまったと言うのだ。そうして実体化した怪物たちの一部は、グロテスクで恐ろしい“創造物”クリーチャーズへと進化を遂げ、今ではこの世界の人間たちを取り巻いているというわけだ。さらには、物質化する力を持たなかったものも、人間の魂に影響を及ぼす、確かに恐ろしい“力”を持っていた。こうして恐怖が広がり、世界には暴力と堕落が蔓延したため、健全な百万の人々が団結し、《最後の閣砦》ラスト・リダウトを建設したのだ。世界の黄昏の頃のことである――だがそれはこの時代の我々にとってであり、(ついに安寧を掴んだ)その時代の人々にとっては、いわば“始まりの時”であったのだ。この辺りのことは私にははっきりとは分からないが、誰も正確さを期待してなどいないだろう。私のやっていることは極めて難しく、人の能力を超えているからだ。
 人々が大ピラミッドを建設した時、そこには千三百二十のフロアがあった。各フロアは、十分な強度を保てるように設計されていた。ピラミッドの全体の高さは七マイルを遥かに越え、その上部の一マイルほどは、見張り役(モンストルワカンズと呼ばれている)が警戒に当たるための塔になっていた。《閣砦》が建設されたのがいったいどこの地であるのか、私は知らない。もっとも、私はそれが広大な谷間にあると信じていたが、そのことについてはいずれもっと詳しく語るつもりだ。
 ピラミッドの建設が終わると、建設に携わった最後の百万人がその中に立てこもり、自ら屋敷を建て、この《最後の閣砦》ラスト・リダウトの街を作り上げた。そしてこの世界の《第二期》が始まったのだ。いったいどうすればこの僅かなページの中に全てを書き記すことが出来るというのだろう!この仕事は、どう見ても、一人の人間の一本のペンには荷が重過ぎる。だが、やり遂げよう!
 それから先の幾星霜もの年月の中で、《閣砦》の庇護の外にある場所で生まれ育ったのは、強大だが種としての繋がりを失ってしまった半人半獣の、邪悪で醜悪な恐るべき生物であった。獣人たちは《閣砦》に攻撃を仕掛けてきた。だが堅固な金属の要塞の前に容赦なく打ち負かされ、死屍累々となった。しかしそうした攻撃は、ピラミッドの周りに《地流》アース・カレントから引いてきた電気のサークルを設置するまでは、度重なったに違いない。そしてピラミッドの裾部の半マイルを締め切った。そしてついに平和がやってきたが、それは《地流》の枯れ果てるその時をただ待つだけの、“永劫”の始まりでもあった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/196-aceb36f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。