Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And, at whiles, through the forgotten centuries, had the Creatures been glutted time and again upon such odd bands of daring ones as had adventured forth to explore through the mystery of the Night Lands; for of those who went, scarce any did ever return; for there were eyes in all that dark; and Powers and Forces abroad which had all knowledge; or so we must fain believe.
And then, so it would seem, as that Eternal Night lengthened itself upon the world, the power of terror grew and strengthened. And fresh and greater monsters developed and bred out of all space and Outward Dimensions, attracted, even as it might be Infernal sharks, by that lonely and mighty hill of humanity, facing its end--so near to the Eternal, and yet so far deferred in the minds and to the senses of those humans. And thus hath it been ever.
And all this but by the way, and vague and ill told, and set out in despair to make a little clear the beginnings of that State which is so strange to our conceptions, and yet which had become a Condition of Naturalness to Humanity in that stupendous future.
Thus had the giants come, fathered of bestial humans and mothered of monsters. And many and diverse were the creatures which had some human semblance; and intelligence, mechanical and cunning; so that certain of these lesser Brutes had machinery and underground ways, having need to secure to themselves warmth and air, even as healthy humans; only that they were incredibly inured to hardship, as they might be wolves set in comparison with tender children. And surely, do I make this thing clear?
And now to continue my telling concerning the Night Land. The Watcher of the South was, as I have set to make known, a monster differing from those other Watching Things, of which I have spoken, and of which there were in all four. One to the North-West, and one to the South-East, and of these I have told; and the other twain lay brooding, one to the South-West, and the other to the North-East; and thus the four watchers kept ward through the darkness, upon the Pyramid, and moved not, neither gave they out any sound. Yet did we know them to be mountains of living watchfulness and hideous and steadfast intelligence.

****************


 長い歴史の中では、折に触れて、《ナイトランド》の謎に挑戦しようと冒険に出かけて行った勇猛果敢な郎党が、“創造物”クリーチャーズによって餌食にされるということが繰り返されてきた。出かけて行った者たちは、滅多に帰ってはこなかった。闇の中の至る所に、潜むものがあったからだ。知識とは、外に対しての力と能力のことであった。少なくとも、私たちはそう信じるしかなかった。
 “永遠の夜”が世界を覆いつくすにつれて、恐怖の力も勢力を増し、蔓延していった。そして新たな、さらに巨大な怪物たちが、外宇宙と“異次元”において生まれ育ち、さらにはまるで“地獄の鮫”のように、滅亡に直面している――そう、“永遠”を目前にしてはいるが、今はまだ人間らしい精神と感覚を保ち続けている――孤独で巨大な人類の砦へと、引き寄せられてきた。そして、今に至っている。
 こうしたことは全て余談であり、しかも漠然としている上に説明も下手なのだが、それでも人類の置かれている絶望を書き記すことによって、現在の概念では奇妙に思えるこうした状態の始まりと、さらには遥かな未来に於ける人類の普遍的状態への推移を、少しでも明らかにできればと思ったのだ。
 やがてけだもののような人間を父に、怪物を母に持つ、巨人たちが現れた。さらには、人間に似た外見を持つ、種種雑多な生物たちも存在した。そいつらは知能を持ち、機械的で、狡猾だった。獣人には明らかに劣ったこうした生物は、機械と地下道を手にいれ、健常な人類と同じように、熱と空気を確保しようとした。ただし、そいつらは信じられないほどの苦難に順応していたから、いたいけな子供に比べたとしたら、狼も同然であった。言いたいことが、上手く説明できているだろうか?
 さて、《ナイトランド》についての話を続けることにしよう。先ほど話に出てきた《南の監視者》は異質の存在であり、《監視者》たちは、既に触れたものも含めて、他に四体存在する。一体は北西に、一体は南東に存在するが、これらについては既に話した。他の二体が沈鬱に蹲っているのは、南西と北東である。これら四体の監視者たちが暗闇の中から常にピラミッドに焦点を合わせているのだが、動くこともなければ、どんな音を立てることもない。だが私たちは、《監視者》たちが、忌まわしくも確かな知性を備えた、油断のならない生ける山であることを知っていた。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/197-e96a13a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。