Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And so, in a while, having listened to the sorrowful sound which came ever to us over the Grey Dunes, from the Country of Wailing, which lay to the South, midway between the Redoubt and the Watcher of the South, I passed upon one of the moving roadways over to the South-Western side of the Pyramid, and looked from a narrow embrasure thence far down into the Deep Valley, which was four miles deep, and in which was the Pit of the Red Smoke.
And the mouth of this Pit was one full mile across, and the smoke of the Pit filled the Valley at times, so that it seemed but as a glowing red circle amid dull thunderous clouds of redness. Yet the red smoke rose never much above the Valley; so that there was clear sight across to the country beyond. And there, along the further edge of that great depth, were the Towers, each, maybe, a mile high, grey and quiet; but with a shimmer upon them.
Beyond these, South and West of them, was the enormous bulk of the South-West Watcher, and from the ground rose what we named the Eye Beam--a single ray of grey light, which came up out of the ground, and lit the right eye of the monster. And because of this light, that eye had been mightily examined through unknown thousands of years; and some held that the eye looked through the light steadfastly at the Pyramid; but others set out that the light blinded it, and was the work of those Other Powers which were abroad to do combat with the Evil Forces. But however this may be, as I stood there in the embrasure, and looked at the thing through the spy-glass, it seemed to my soul that the Brute looked straightly at me, unwinking and steadfast, and fully of a knowledge that I spied upon it. And this is how I felt.
To the North of this, in the direction of the West, I saw The Place Where The Silent Ones Kill; and this was so named, because there, maybe ten thousand years gone, certain humans adventuring from the Pyramid, came off the Road Where The Silent Ones Walk, and into that place, and were immediately destroyed. And this was told by one who escaped; though he died also very quickly; for his heart was frozen. And this I cannot explain; but so it was set out in the Records.

****************


 やがて《灰色の砂丘》グレイ・デューン/を超えて、《嘆きの国》カントリー・オブ・ウェイリング/から悲しげな音が聞こえてきたが、それらは南、《閣砦》と《南の監視者》との間に広がっており、私はその音をしばらく聞いた後、移動歩道の一つに乗って、《閣砦》の南西へと移動し、その時狭い朝顔口から《深谷》ディープ・バレー/見下ろしたが、そこは四マイルの深さがあって、中には《赤い烟の穴》ピット・オブ・ザ・レッド・スモーク/があるのだった。
 この“穴”の入り口は、直径がたっぷり一マイルはあって、穴の煙が谷を満たすと、赤い雷雲の中心部の色彩が鈍くなり、まるで真っ赤に燃えた赤い円環のように思えた。だが赤い煙は決して谷の口から上に向かって立ち上るようなことはなかった。だからその向こうに広がる光景をはっきりと見て取ることが出来たのだった。そこには深淵の縁に沿って、幾つもの塔が立ち並んでいたが、それぞれがおそらくは一マイルほどの高さの、灰色の色彩をしたひっそりとしたものだった。だが、塔の上部はが微かに光っていた。
 その向こう、谷の南西には、《南西の監視者》サウス・ウェスト・ウォッチャーの山のような巨体があるが、《視光》アイ・ビームと呼ばれる一本の灰色の光線が地面から放射して、怪物の右目を輝かせていた。この光がために、何千年もの年月を通じてその瞳のことが話題にされ続けてきた。その瞳は光を通じてピラミッドをじっと見詰めているのだという人がいた。その一方で、その光は目くらましになっていて、“邪悪な力”と戦う“別の力”の働きによるものだという人もいた。だがもしそうだとしても、こうして朝顔口に立って望遠鏡を覗き込んでいると、まるでその怪物は私がここから監視しているのを知っているかのように、じっと瞬き一つせずに、こちらをまっすぐに見詰めているような思いに囚われるのだった。これが私の印象だった。
 その北、方角で言えば西に、《無言のやつらに殺される土地》ザ・プレイス・ウェアー・ザ・サイレント・ワンズ・キルが見えた。この名前の由来は、おそらく一万年前ほど前に、ピラミッドから冒険に出かけた信頼に足る人々が、《無言のやつらの歩む道》を外れ、その場所に入り込んだところ、あっという間に滅ぼされたというところから来ているのだろう。これは、逃げ出した一人の口から語られたことだ。しかし彼もすぐに死んでしまった。心臓が凍っていたのだ。これについては、私には説明をすることができない。そう記録にあるだけだからだ。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/198-292d39d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。