Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
Far away beyond The Place Where The Silent Ones Kill, in the very mouth of the Western Night was the Place of the Ab-humans, where was lost the Road Where The Silent Ones Walk, in a dull green, luminous mist. And of this place nothing was known; though much it held the thoughts and attentions of our thinkers and imaginers; for some said that there was a Place Of Safety, differing from the Redoubt (as we of this day suppose Heaven to differ from the Earth), and that the Road led thence; but was barred by the Ab-humans. And this I can only set down here; but with no thought to justify or uphold it.
Later, I travelled over to the North-Eastern wall of the Redoubt, and looked thence with my spy-glass at the Watcher of the North-East--the Crowned Watcher it was called, in that within the air above its vast head there hung always a blue, luminous ring, which shed a strange light downwards over the monster--showing a vast, wrinkled brow (upon which an whole library had been writ); but putting to the shadow all the lower face; all save the ear, which came out from the back of the head, and belled towards the Redoubt, and had been said by some observers in the past to have been seen to quiver; but how that might be, I knew not; for no man of our days had seen such a thing.
And beyond the Watching Thing was The Place Where The Silent Ones Are Never, close by the great road; which was bounded upon the far side by The Giant's Sea; and upon the far side of that, was a Road which was always named The Road By The Quiet City; for it passed along that place where burned forever the constant and never-moving lights of a strange city; but no glass had ever shown life there; neither had any light ever ceased to burn.
And beyond that again was the Black Mist. And here, let me say, that the Valley of The Hounds ended towards the Lights of the Quiet City.
And so have I set out something of that land, and of those creatures and circumstances which beset us about, waiting until the Day of Doom, when our Earth-Current should cease, and leave us helpless to the Watchers and the Abundant Terror.

****************


 《無言のやつらに殺される土地》のずっと向こう、《西方の夜》ウェスタン・ナイトの戸羽口に、《獣人の土地》パレス・オブ・ザ・アブ=ヒューマンがあり、《無言のやつらの歩む道》はその深い緑色をした、きらきらと輝く霧の中に消えて行く。この場所のことは何も知られていない。しかし多くの思想家や夢想家たちの思索や夢想の対象となってきた。そこには《閣砦》とは別の(現代の私たちが地球とは別の天国を夢想するように)《安全地帯》パレス・オブ・セーフティがあって、道はそこへ通じているのだと言う者もいた。しかし、獣人たちによって行くことは叶わない。だから、私に書き記すことができるのはそれだけだ。保証することも判断することも、私にはできないのだ。
 その後、《閣砦》の北東の面に向かった私は、望遠鏡を使って、《北東の監視者》ウォッチャー・オブ・ザ・ノース・イースト――《戴冠する監視者》クラウンド・ウォッチャーと呼ばれており、そいつの巨大な頭の上の大気が常に青く輝く輪になっていて、怪物の上に奇妙な光を落としてる――の、巨大な皺の寄った額(これについては、図書室一つ分もの書物が書かれてきた)を見詰めた。だが、その下の顔はすっぽりと影に覆われていた。ただし、耳だけは影になっておらず、頭の後ろから突き出し、《閣砦》に向かって欹てられており、過去にはそれが揺れている様子を観測した者いたという。だがそれがどんな風だったのか、私には分からない。この時代にその様子を見たことのある人などいなかったからだ。
 《北東の監視者》の向こうには《無言のやつらのいない土地》ザ・プレイス・ウェアー・ザ・サイレント・ワンズ・アレア・ネヴァーが道に寄り添っている。そして道を挟んだ向こうには、《巨人の海》ジャイアンツ・シーがある。そしてそのさらに向こうにはまた一本の道があって、《静寂の都に寄り添う道》ザ・ロード・バイ・ザ・クワイエット・シティと呼び習わされてきた。なぜならその道は、揺らぐこともない永遠の灯火をじっと灯し続けている奇妙な街に沿って走っているからだった。だが、ガラス窓に生命の姿が映ったのを見たことはない。そして、一つとして灯火が消えるのを見たこともなかった。
 その向こうには《黒い霧》ブラック・ミストがある。ここは言うなれば、《静寂の都》にまで伸びてきた《猟犬の谷》バレー・オブ・ザ・ハウンドの終点となっている。
 これでこの世界について、つまり私たちの周囲を取り巻く環境や生物たちや、《地流》が尽き果て、《監視者》や《魑魅魍魎》の前に曝け出されることになる“運命の日”を待つだけの日々については、ある程度は書き記した。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/199-8dfea08b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。