Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And there I stood, and looked forth composedly, as may one who has been born to know of such matters, and reared in the knowledge of them. And, anon, I would look upward, and see the grey, metalled mountain going up measureless into the gloom of the everlasting night; and from my feet the sheer downward sweep of the grim, metal walls, six full miles, and more, to the plain below.
And one thing (aye! and I fear me, many) have I missed to set out with particularness:
There was, as you do know, all around the base of the Pyramid, which was five and one-quarter miles every way, a great circle of light, which was set up by the Earth-Current, and burned within a transparent tube; or had that appearance. And it bounded the Pyramid for a clear mile upon every side, and burned for ever; and none of the monsters had power ever to pass across, because of what we did call The Air Clog that it did make, as an invisible Wall of Safety. And it did give out also a more subtile vibration, that did affect the weak Brain-Elements of the monsters and the Lower Men-Brutes. And some did hold that there went from it a further vibration of a greater subtileness that gave a protecting against the Evil Forces. And some quality it had truly thiswise; for the Evil Powers had no ability to cause harm to any within. Yet were there some dangers against which it might not avail; but these had no cunning to bring harm to any within the Great Redoubt who had wisdom to meddle with no dreadfulness. And so were those last millions guarded until the Earth-Current should be used to its end. And this circle is that which I have called the Electric Circle; though with failure to explain. But there it was called only, The Circle.
And thus have I, with great effort, made a little clear that grim land of night, where, presently, my listening heard one calling across the dark. And how that this grew upon me, I will set out forthwith.

****************


 私はそこに佇み、生まれながらにそうした風景に親しんでいる人間がそうするように、冷静にあちらこちらを見渡して、自分の知識を確かめていった。そして時折は、灰色の金属の山が永劫の夜の闇の中にずっと伸び上がっている様子を見上げた。それから、私の足元から下に向かって、ゾッとするほど険しい金属で出来た斜面が、たっぷり六マイル以上も、眼前に広がる平原に向かって切り立っている様子も。
 そうだ、一つだけ(ああ!恐ろしいことだ)話し忘れていた特別なことがある。
 ここには、すでに話したように、五と四分の一マイルの一辺を持つピラミッドの基部の周りに偉大なる光のサークルがあるのだが、それは《地流》によって成り立っており、透明なチューブの内部は燃えている。あるいは、そのように見えている。それはピラミッドのどの底辺からも一マイルは離れており、永劫の火を灯している。このサークルを越える力を持つ怪物はいないが、それは我々が《空気の障壁》エアー・クロッグと呼ぶ目に見えない防護壁を作り上げたからだ。それはまた微妙な波動を放ち、怪物やもっと低俗な獣人たちの脳組織の弱い部分に影響を及ぼしている。さらには、そこからはより繊細で強力な波動が放たれていて、“邪悪な力”イーヴィル・フォースから守ってくれているのだと言う人たちもいた。いくつかの見地から、これは正しい意見のように思える。というのも、邪悪な力は、この内側にはどんな害を及ぼすことが出来ないからだ。とはいえ、それでは防げない脅威も中にはある。だが、そいつらは脅威に対して恐れることなく立ち向かえるだけの知恵を持つ《閣砦》の内部の人々に対して、害を与えるほどの狡知もない。そのようにして、最後の百万の人々は《地流》が枯れ果てるその時まで守られている。このサークルを、私は《電気サークル》エレクトリック・サークルと呼んでいた。しかし、説明することは出来なかった。《閣砦》の人々には、それは単に《ザ・サークル》と呼ばれていた。
 さて、こうして私は精一杯の努力を払い、ゾッとするような夜の世界について幾許かの描写を続けてきたわけだが、そんな世界で、あるとき、闇の向こうから一つの呼びかけが私の耳に届いた。それがどのように私を揺り動かしていったか、お話ししようと思う。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/200-2ee6d365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。