Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And I, because of this gift, could hear the "invisible vibrations" of the æther; so that, without harking to the calling of our recording instruments, I could take the messages which came continually through the eternal darkness; aye, even better than they. And now, it may be the better understood, how much was to be counted that I had grown to listen for a voice that had not rung in mine ears for an eternity, and yet which sang sweet and clear in my memory-dreams; so that it seemed to me that Mirdath the Beautiful slept within my soul, and whispered to me out of all the ages.
And then, one day, at the fifteenth hour, when began the Sleep-Time, I had been pondering this love of mine that lived with me still; and marvelling that my memory-dreams held the voice of a love that had been in so remote an age. And pondering and dreaming thus, as a young man may, I could fancy this æon-lost One were whispering beauty into my ears, in verity; so clear had my memory grown, and so much had I pondered.
And lo! as I stood there, harking and communing with my thoughts, I thrilled suddenly, as if I had been smitten; for out of all the everlasting night a whisper was thrilling and thrilling upon my more subtile hearing.
Through four long years had I listened, since that awakening in the embrasure, when but a youth of seventeen; and now out of the world-darkness and all the eternal years of that lost life, which now I live in this Present Age of ours, was the whisper come; for I knew it upon that instant; and yet, because I was so taught to wisdom, I answered by no name; but sent the Master-Word through the night--sending it with my brain-elements, as I could, and as all may, much or little, as may be, if they be not clods. And, moreover, I knew that she who called quietly would have the power to hear without instruments, if indeed it were she; and if it were but one of the false callings of the Evil Forces, or more cunning monsters, or as was sometimes thought concerning these callings, the House of Silence, meddling with our souls, then would they have no power to say the Master-Word; for this had been proven through all the Everlasting.
And lo! as I stood, trembling and striving not to be tense, which destroys the receptivity, there came thrilling round and round my spiritual essence the throb of the Master-Word, beating steadily in the night, as doth that marvellous sound. And then, with all that was sweet in my spirit, I called with my brain elements: "Mirdath! Mirdath! Mirdath!" And at that instant the Master Monstruwacan entered that part of the Tower of Observation, where I stood; and, seeing my face, stood very quiet; for though he had not the power of Night-Hearing, he was wise and thoughtful, and took much account of my gift; moreover, he had but come from the Receiving Instrument, and thought vaguely to have caught the throb of the Master-Word, though too faint to come proper through the Instrument, so that he searched for me, in that I, who had the Hearing, might listen for it, I being, as I have said, gifted in that wise.
And to him I told something of my story and my thoughts and my memories, and of that awakening; and thus up to this present happening, and he hearkened with sympathy and a troubled and wondering heart; for in that age a man might talk sanely upon that which, in this age of ours would be accounted foolishness and maybe the breathings of insanity; for there, by the refinement of arts of mentality and the results of strange experiments and the accomplishment of learning, men were abled to conceive of matters now closed to our conceptions, even as we of this day may haply give a calm ear to talk, that in the days of our fathers would have been surely set to the count of lunacy. And this is very clear.

****************


 この天性のおかげで、私はエーテルの「見えざる波動」を聞くことが出来た。それ故、記録装置に頼ることなく、永遠の暗闇から頻繁に届くメッセージを受け取ることが可能だった。機器などよりもずっと正確にだ。それは、とこしえの眠りによって私の耳の中で鳴り響くことのなくなった声、いまでも甘くクリアに私の「夢の記憶」の中で唄い続けている彼女の声を求めて、私がどれほど耳を欹て続けていたのかを考えれば、より理解出来るかもしれない。それゆえ、それは私には《麗しきミルダス》が私の魂の裡で眠り、あらゆる世紀を越えて、私に囁きかけてくれているかのように思えていたのだ。
 ある日のこと、「眠りの時間」の始まる第十五時に、私はこの愛がまだ私と共にあるのだということを改めてじっくりと考えていた。そして、その「夢の記憶」が、これほど離れた時代にも“朽ちることなく”愛の声を保っていることに驚いた。そうして夢見るように思いを巡らせ、若者らしい素直さで、この時の彼方に失った女性が私の耳にそっと囁きかけているというのは真実なのだ、という空想に耽ることができた。記憶がクリアになるほどに、さらに私はその思いを深くした。
 すると何ということだろう、そうして佇み、耳を澄ませながら空想に耽っていると、突然まるで打ちのめされたかのような衝撃が走ったのだ。それは永遠の夜の彼方から、震えるような囁きが私の研ぎ澄まされた繊細な聴力に響いてきたからだ。
 十七歳の若者として銃眼で目覚めて以来、四年の長い月日に渡って耳を澄まし続けてきた。そして今、暗闇の世界から、これまでの全ての過ぎ去った人生、そしてこの我々の生活している「今の時代」にまで、その囁きが響き渡った。私にはそれがすぐに感じられた。だが、注意深くあるよう教え込まれていた私は、名前を告げずにそれに答えた。そして《マスターワード》を夜の中に送り出した――脳の能力を使って送り出したのだが、私にも可能なように、余程の阿呆でなければ、それはどんな人にも多かれ少なかれ備わっているものだ。すぐに私は、静かに呼びかけてくる彼女は、機器の力を借りずとも「聞く」ことの出来る力を持っていることを知った、もしそれが実際に彼女であったとしたらだが。さらに言えば、それが《邪悪な力》による偽りの呼びかけであるとか、あるいはさらに賢しい怪物や、時折何かそうした呼びかけに関する思念を持ち、我々の魂に干渉する《沈黙の家》のような存在でなかったならばということだが、しかしそいつらは《マスターワード》を発する力はない。これは「久遠の時」を経て証明されていたのだ。
 すると!震えと真摯な想いが理解力を曇らせないよう落ち着いて立っていると、何とも言い表せない音で夜の中に一定の調子で波打つ《マスターワード》の鼓動がやってきて、私の「霊核」の周りで打ち震えた。魂が甘さで満たされ、私は脳の能力を使って呼びかけた。「ミルダス!ミルダス!ミルダス!」と。するとすぐに《モンストルワカン》の長官が《監視塔》の私の立っているその部署に入って来た。そして私の顔を見て、じっと黙ったまま傍らに佇んだ。彼には《夜の聴覚》の能力はないが、賢明で思慮深く、私の天性を高く買っていた。その上、彼は「記録装置」によって《マスターワード》の共振を受け取ったようだと漠然と感じたが、機器を通じてやってきた信号は余りに弱々しかったので、それを聞いてもらうために、天賦の才としての「耳」を持っている私を探していたのだった。
 私は長官に自分の物語と考え、それから記憶や覚醒についてもかいつまんで話した。そして今、目の前で起こっていることについて話すと、彼は共感と共に、不安と驚きの気持ちを抱いて耳を傾けた。その未来の人間には正気の話だとして伝わることでも、この我々の時代には馬鹿げたこと見なされ、あるいは精神病だとされたかもしれない。というのは、精神医学の発達、様々な実験の結果、そして学問の発達などによって、今や人々は我々の概念に対してより深く想像力を働かせることが可能となり、その結果、期せずして我等のちちの世代では確実に狂気とされていた話に対しても、穏やかに耳を傾けることが可能となっていた。これは、確かなことだった。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/203-7bd3143b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。