Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
And all the while that I told my story, I listened with my spirit; but save for a sense of faint, happy laughter that wrapped about me, I heard naught. And nothing more all that day.
Here let me put down that, because of my memories and half memories, I would time and again dispute with our learned men; they being in doubt as to the verity of that olden story of the Days of Light, and the existence of the Sun; though something of all this was set out, as of truth, in our oldest records; but I, remembering, told them many tales that seemed fairy-like to them, and entranced their hearts, even whilst I angered their brains, which refused to take seriously and as verity that which their hearts accepted gladly, even as we receive the wonder of poetry into our souls. But the Master Monstruwacan would listen to aught I had to tell; aye! though I spoke through hours; and so it would be, odd times, that having talked long, drawing my stories from my Memory-Dreams, I would come back again into the present of that Future; and lo! all the Monstruwacans would have left their instruments and observations and recording, and be gathered about me; and the Master so sunken in interest that he not to have discovered them; neither had I noticed, being so full of the things which had been.
But when the Master came back to knowledge of that present, he would rouse and chide, and they, all those lesser ones, would fly swiftly and guiltily to their various works; and yet, so I have thought since, each with a muddled and bewildered and thoughtful air upon him; and hungry they were for more, and ever wondering and setting questions about.
And so it was also with those others--those learned ones who were not of the Tower of Observation, and who disbelieved even whilst they hungered. Listen would they, though I talked from the first hour, which was the "dawn," to the fifteenth hour, which was the beginning of the "night"; for the Sleep-Time was set thus, after other usage and experiment. And, odd whiles, I found that there were among them, men of extraordinary learning who upheld my tellings as tales of verity; and so there was a faction; but, later, there grew more to believe; and whether they believed, or not, all were ready to listen; so that I might have spended my days in talk; only that I had my work to do.
But the Master Monstruwacan believed from the beginning, and was wise always to understand; so that I loved him for this, as for many another dear quality.
And so, as may be conceived, among all those millions I was singled out to be known; for the stories that I told went downward through a thousand cities; and, presently, in the lowest tier of the Underground Fields, an hundred miles deep in the earth below the Redoubt, I found that the very ploughboys knew something concerning my tellings; and gathered about me one time and another when the Master Monstruwacan and I had gone down, regarding some matter that dealt with the Earth-Current and our Instruments.
And of the Underground Fields (though in that age we called them no more than "The Fields") I should set down a little; for they were the mightiest work of this world; so that even the Last Redoubt was but a small thing beside them. An hundred miles deep lay the lowest of the Underground Fields, and was an hundred miles from side to side, every way; and above it there were three hundred and six fields, each one less in area than that beneath; and in this wise they tapered, until the topmost field which lay direct beneath the lowermost floor of the Great Redoubt, was but four miles every way.
And thus it will be seen that these fields, lying one beneath the other, formed a mighty and incredible Pyramid of Country Lands in the deep earth, an hundred miles from the base unto the topmost field.
And the whole was sheathed-in at the sides with the grey metal of which the Redoubt was builded; and each field was pillared, and floored beneath the soil, with this same compound of wonder; and so was it secure, and the monsters could not dig into that mighty garden from without.
And all of that Underground Land was lit, where needed, by the Earth-Current, and that same life-stream fructified the soil, and gave life and blood to the plants and to the trees, and to every bush and natural thing.
And the making of those Fields had taken maybe a million years, and the "dump" thereof had been cast into the "Crack," whence came the Earth-Current, and which had bottom beyond all soundings. And this Underground Country had its own winds and air-currents; so that, to my memory, it was in no ways connected to the monstrous air-shafts of the Pyramid; but in this I may be mistaken; for it has not been given to me to know all that is to be known concerning that vast Redoubt; nor by any one man could so much knowledge be achieved.

****************


 私は話をしながら、自分の魂に耳を傾けた。しかし聞こえてくるのは、私の周りで空回る幸せそうな笑い声の朧な気配だけだった。その日はそれだけだった。
 ここで書いておくが、この私の記憶と「半記憶」については、幾度となく学者たちと話をする機会を持った。だが彼らは「光の世紀」の昔話の真実について、さらには「太陽」の存在について、信じがたいようだった。たとえその話の一部が、最古の記録に「真実」として記されているにせよ。だが私の記憶に残ったのは、そうした話が学者たちにはまるでお伽噺のように思えたようだということで、例え私の話が彼らのお気に召す真実として真剣に捉えることは出来ず、理性が受け入れを拒みはしたが、人々が魂で詩の素晴らしさを感じ取るように、心には響いたようだった。
 だが、《モンストルワカン》の長官は私の言葉に真剣に耳を傾けてくれた。私は何時間も語り続けた!私は自分の物語を「夢の記憶」から語り始め、再びこの時代に辿り着くまで、延々と話し続けたが、それは奇妙な時間の感覚だった。するとどうだろう、そこにいた全ての《モンストルワカン》たちが、自分たちの機器や監視任務や記録の手を止めて、私の周りに集まってきていた。長官は聞き入る余り、皆が集まってきていたことに気付かなかった。私も、語ることに集中していたから、目に入っていなかった。
 だが、長官はその場の状態に気付くと、持ち場に戻るようにと窘め、皆は後ろ髪を引かれつつも、慌てて各自の持ち場に戻った。この時から、誰もが心ここに在らずといった風になって落ち着きを無くし、物思いに耽るような空気が漂うようになったのだと思う。誰もがその話に驚いたり、質問をしたりして、さらに詳しいことを知りたいと考えているようだった。
 そしてそれは他の人々にしてもそうだった――《監視塔》にはいなかったがその話を耳にした人、あるいは興味はあるものの疑ってかかる人、などだ。そのせいで私は“夜明け”を意味する第一時から、“夜の始まり”を意味する第十五時まで、話し続けなければならなかった。この「眠りの時間」は、試行錯誤の果てに定められたものである。奇妙なことに、そうした人々の中には私の言葉を真実の話として受け止める、常人とは異なる学識を持つ人々も存在した。それはほんの一握りにすぎなかった。だが、後にはもう少し信じてくれる人の数が増えた。ともかく信じる信じないは別にして、誰もが聞きたいと願っていた。それで私は一日中話をすることに費やすはめになったのだ。もちろん、勤務時間は除いてだが。
 だが、《モンストルワカン》の長官は最初から信じてくれたし、賢明で、常に理解することに前向きだった。このことに限らず、彼には美点が沢山あって、それゆえ私は彼を敬愛していた。
 それで、ご想像のとおり、私は数百万人の中でも最も有名人になってしまった。私の語った話は、階下の千の都市に広まった。そして、まもなく、《地下の原野》アンダーグラウンド・フィールズの最下層、それは《閣砦》の地下百マイルの深さにあるのだが、そこの農夫でさえ私の話を聞きかじっているようだということを知った。人々は、私と《モンストルワカン長官》が揃って《地流》と装置の処置に関わることで地下に降りていった際には、常に周りを取り囲んだ。
 この《地下の原野》(この時代には単に《原野》と呼ばれていた)については、いくらか書いておく必要がある。これはこの世界で最大の構造物だった。《最後の閣砦》でさえ、それに比べればちっぽけなものだ。百マイルの深さに《地下の原野》の最下層が横たわり、一辺がどこも百マイルの差し渡しがある。そしてその上に三百六十の原野が積み重なり、上に行くに従ってそれぞれ少しづつ面積が小さくなっている。このようにして次第に小さくなり、最上階の原野が《最後の閣砦》の最下層のフロアに接するところでは、各辺が四マイルにまで小さくなっているのだ。
 したがって、この次々と下に向かって広がっている原野は、深い地中で百マイルもの高さを誇る、巨大で信じがたい《田園のピラミッド》ピラミッド・オブ・カントリー・ランズを形成しているのだ。
 その側面の全体は、《閣砦》と同じく、灰色の金属で覆われていた。それぞれの原野は柱で支えられ、それも同じ材質で出来ており、しっかりと大地の底にまで打ち込まれている。このようにして安全は保たれ、怪物は外から巨大なガーデンの中に掘り進んで入ってくることは出来なくなっている。
 《地下の原野》の全体は輝いているが、これは《地流》によるもので、この同じ「生命の泉」が土を肥沃にし、あらゆる草木や自然物に活力と養分を与えている。
 これらの《原野》を造るために、百万年もの月日が費やされたが、その“採掘土”は、《地流》の発生源である底知れぬ“亀裂”に投じられた。この《地下の原野》には独自の風と大気の流れがあった。私の記憶では、ピラミッドの巨大な換気口に繋がる場所はなかったのだ。だが、それは勘違いかもしれない。巨大な《閣砦》について知られていること全てを学ぶ機会を与えられたわけではないのだから。一人の人間がそれだけの知識を学ぶことなど、不可能に違いない。

"The Night Land"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/204-0024dc90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。