Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「The Collected Fiction of William Hope Hodgson, Volume 5:
The Dream of X and Other Fantastic Visions」

がようやく届きました!
これでホジスン全集が揃いました。
こういうのは全部出ないことも多いので、本当に素晴らしいことです。
序文ににもあるように、ホジスンの作品を次の世代にも残したいという編集者の執念でしょうか。
この巻は、やはり序文にもあるように、「ホジスン全集のベストであるか、さもなくばただの箱」。ファンにとっては垂涎で、そうでない人にとっては良く分からない一冊、というわけです。
これはつまり、これまで知られることの少なかったホジスンの拾遺集です。
興味深い作品ばかりなので、ファンの方は必携でしょうね。

ところで、最近「ナイトランド」の翻訳がストップしていますが、これは別サイトでシールの「紫の雲」の翻訳をしているせいで、そちらまで手が回らないためです。平行してやるのは、やっぱりちょっと無理があったかもしれません。ですが、やめたわけではないので、気長に待っていてください。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/205-bcf5888e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。