Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 ホジスンの作品には、意外とパスティーシュが多いように思います。パスティーシュというのは、二次創作作品という意味で、ラヴクラフトのCthulhu神話などは、数もとても多く、その代表的な素材ですね。もちろん、ホジスンにはそれほどの数はないのですが、それでも、捜せば結構あります。ただし、「カーナッキ」、「異次元を覗く家」、「ナイトランド」、「夜の声」の四作品に、ほぼ集中しているようですが。
 ところで、パスティーシュが多いということは、作品が愛されているという証拠のような気もするので、これは歓迎すべき事実だという気がします。

 ここで紹介するのは、
 「ナイトランド---<冠毛>の一神話」
 という作品。
 作者は、グレッグ・ベア(Greg Bear)
 これは、「永劫」に始まる<道>というシリーズの外伝という位置付けの作品です。
 ちなみに、原題は「The way of all ghosts」。
 日本では、ハヤカワ文庫から出ているアンソロジー

 「SFの殿堂 遥かなる地平 ②」
 ロバート・シルヴァーバーグ編

 で読むことができます。

 この作品は、邦題からも分かるように、ホジスンの「ナイトランド」のパスティーシュです。とはいえ、その踏み込み方はパスティーシュの域を超えているかもしれません。何と言っても、「ナイトランド」の成立にまで言及しているのですから。
 この作品の元になっているアイデアは、そもそもベアの長編シリーズの核になっている、「道(The Way)」という巨大な構造物です。これは、直径が50キロメートル、長さは無限の人工宇宙だということですが、勉強不足ながら、僕は長編の方を読んでいないので、はっきりとしたことはいえないのですが、おそらく、人工的に作られた一種のワームホールのようなものだろうと思います。この「道」の中を通る事で、様々な宇宙へ移動できるというわけです。この小説中での「ナイトランド」の扱いは、この「道」から開かれた「ゲート」の向こうにある、平行宇宙の一つというものです。ただし、「ナイトランド」のある宇宙は、この宇宙とは余りにも違ったため、非合法に開いた「ゲート」は<病斑>となり、閉じる事もできず、それが両界の宇宙に致命的なダメージを与える危険性を持っています。<角面堡>は、その侵入を食い止めている砦として存在しています。
 この作品が、「ナイトランドクロニクル」の一つとして考えられることは、まずないでしょうが(このような強引な形では、ファンが黙っていないでしょうね)、ベアの、「<道>を使ってナイトランドの謎を説明してやろう」という意気込みが伝わってきて、この作品単体では多少難解なところもあるけれど、個人的には結構面白かった。「おお、『南西の監視者』だ」とか、結構楽しめました。

(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/23-30519564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。