Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<原文>

2.WHAT TAMMY THE 'PRENTICE SAW

The next morning, in my watch below, I had a look at the places where that strange thing had come aboard, and left the ship; but I found nothing unusual, and no clue to help me to understand the mystery of the strange man.

For several days after that, all went quietly; though I prowled about the decks at night, trying to discover anything fresh that might tend to throw some light on the matter. I was careful to say nothing to any one about the thing I had seen. In any case, I felt sure I should only have been laughed at.

Several nights passed away in this manner, and I was no nearer to an understanding of the affair. And then, in the middle watch, something happened.

It was my wheel. Tammy, one of the first voyage 'prentices, was keeping time--walking up and down the lee side of the poop. The Second Mate was forrard, leaning over the break of the poop, smoking. The weather still continued fine, and the moon, though declining, was sufficiently powerful to make every detail about the poop, stand out distinctly. Three bells had gone, and I'll admit I was feeling sleepy. Indeed, I believe I must have dozed, for the old packet steered very easily, and there was precious little to do, beyond giving her an odd spoke now and again. And then, all at once, it seemed to me that I heard someone calling my name, softly. I could not be certain; and first I glanced forrard to where the Second stood, smoking, and from him, I looked into the binnacle. The ship's head was right on her course, and I felt easier. Then, suddenly, I heard it again. There was no doubt about it this time, and I glanced to leeward. There I saw Tammy reaching over the steering gear, his hand out, in the act of trying to touch my arm. I was about to ask him what the devil he wanted, when he held up his finger for silence, and pointed forrard along the lee side of the poop. In the dim light, his face showed palely, and he seemed much agitated. For a few seconds, I stared in the direction he indicated, but could see nothing.

*********************

2.見習い水夫、タミーが見たもの

 翌朝、非直の間に、あの奇妙な奴が現れた場所、そして消えた場所を見て回った。でも何もおかしなことは見あたらなかったし、あの不思議な人影の謎を解く手がかりもなかった。
 それから何日かは何事もなく過ぎていったが、俺は夜にデッキをうろつき、何かあの出来事に光を当ててくれるような新しい発見がないかと探して回った。見たもののことは誰にも言わないように気を付けてた。そんなこといったら、物笑いの種になるだけだからな。
 そんなふうにして何日かが過ぎていったが、一向にあれの正体には近づけないでいた。しかし、夜半直のときにちょっとしたことが起きた。
 そのとき俺は舵輪に付いていた。タミーっていう初乗りの見習いが船尾楼甲板の風下側を前後に行ったり来たりしながら時間を計っていて、前の方じゃ、二等航海士が手摺りにもたれてパイプをふかしてた。天気は相変わらず穏やかなままで、月は欠け始めちゃいたが、甲板の上をくっきり際だたせるほどには輝いていた。三点鐘が鳴ったとき、眠気を感じてたことは認めるよ。たしかにうとうととはしてたんだろうな、あのボロ船の操作は楽で、ときどきちょっとばかり舵輪を動かしてやるくらいで、ほとんど何もすることがなかったんでね。でもその時、突然誰かにそっと名を呼ばれたような気がしたんだ。よくわからなくてさ、最初に二等航海士がパイプをふかしている方に目をやり、それから羅針盤箱を覗きこんだが、船首がしっかり進路に乗っかってたんでほっと胸をなで下ろした。そしたら、いきなりまた聞こえたんだ。今度は間違いないと、風下側を見ると、タミーがこっちに来るのが目にとまった。俺の腕を掴もうとするかのように手をあげている。いったいなんだって聞こうとすると、静かにって指を口に当てて、船尾楼の風下側の前の方を指さすんだ。薄暗い中でも、あいつの顔は真っ青に見えた。かなり興奮している様子だった。俺はしばらくあいつが指した方向に目をやってみたが、何も見えやしなかった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/28-82de726b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。