Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Tears had their due effect, and the next instant Tom was kneeling beside her, libelling himself heartily. Presently, after sundry passages, her nose-a little pink-came out from the depth of his handkerchief.
"I shall come with you!" The words were uttered with sufficient determination to warn him that there was real danger of her threat being put into execution, and Tom, who was not entirely free from the popular superstition regarding the Pampero, began to feel uneasy as she combated every objection which he put forward. It was all very well going to sea in her himself but to take his little girl, well-that was another thing. And so, like a sensible loving fellow, he fought every inch of the ground with her; the natural result being that at the end of an hour he retired shall we say "retreated"-to smoke a pipe in his den and meditate on the perversity of womankind in general and his own wife in particular.
And she-well, she went to her bedroom, and turned out all her pretty summer dresses, and for a time was quite happy. No doubt she was thinking of the tropics. Later, under Tom's somewhat disparaging guidance, she made selection among her more substantial frocks. And, in short, three weeks later saw her at sea in the haunted Pampero, along with her husband.

******************


 涙の効果は絶大だった。次の瞬間、トムは妻の側に跪き、心から自分を恥じた。それからいくつかの遣り取りの後、彼女の(可愛らしいピンク色の)鼻が、やっとトムのハンカチから姿を現した。
 「私もあなたと行くわ!」決意のこもった妻のその言葉に、トムは気を引き締めた。彼女の怯えたようなその声には、まさにこれから刑場に向かおうといったような響きがあったからだ。それに、トムにしても、《パンペロ》にまつわるいろいろな噂など端から気にも止めていない、というわけでもなかった。妻との遣り取りの中で、彼も彼女と同じくらい、だんだん不安になり始めていたのだ。自分だけが《パンペロ》に乗り込んで航海するのなら全く問題ない。だが、か弱い女性を連れてとなると……それはまた別の問題だった。それで、分別と愛情のある男性として、彼は妻と徹底的に討論したのだが、一時間の後、当然の結果だが、ついには彼は諦め─「匙を投げる」というやつだ─、書斎でパイプをくゆらしながら、世の女たちの不可解さ、とりわけ自分の妻の不可解さについて、思いを巡らせることとなった。
 そして妻は─そう、彼女はベッドルームにいそいそと行き、持っている可愛いサマードレスをみんな引っ張り出しては、しばし悦に入っていた。疑うべくもなく、彼女はトロピカルな熱帯を思い描いているのだ。その後で、トムのいくらかあきれたような眼差しのもと、しぶしぶもっと実用的な服を選ぶこととなった。三週間後、彼女は夫とともに、呪われた《パンペロ》に乗り込んで、海上にいた。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/31-14d6d807

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。