Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 今回紹介するのはホジスンが乗った船、エウテルペ号の船首像の写真です。同じものでより鮮明なものが先ごろ発表されたジェーン・フランクによる「The Wandering Soul」の表紙を飾っていますが、こちらの出典はTimes Weekly Edition1932年9月15日号です。
20070226001728.jpg

 モスコウィッツのホジスン評伝「The Posthumous Acceptance of William Hope Hodgson」によると、1932年3月にWeekly Timesへ8ドルで、また9月にはTimes Supplementへ3ドルで売られたということです。Weekly TimesとTimes Supplementと、ここでは異なった名で呼ばれていますが、両者は同じ新聞で、Times Weekly Editionのことです。
 さて、9月に売られたものは「Euterpe号の船首像」となっていて、これは今回紹介したものに間違いないと思われますが、3月のものに対しては「チップスという船匠が、波が甲板を洗う中、甲板材の隙間を直している」写真であったそうです。時期的には前回紹介した写真がこのときに売られたものと思われますが、内容はまったく食い違いを見せています。この頃の同誌を数か月分に渡って調べてみましたが、そのような写真を見つけることは出来ませんでした。ただ、前回紹介の写真も見ようによっては波が甲板を洗っているように見えなくもないのですが。ちなみにチップスとは船乗り言葉で船匠を意味し、特定の船匠のあだ名ではありません。

kane
スポンサーサイト

「The wondering sou」の128ページに出ている写真も、甲板を波が洗っている写真ですが、これではないんですよね?
(本を持っている人しか分からない話題の振り方で、すみません)
 写真が小さいので、人が写っているのかどうか、よくわからないんですけれど。

2007.02.26 20:51 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]

さりげなくWaterstone'sっていう本屋ふらついていると、発見しました。The Wondering Soul!

この記事を見直して気になった事があります。
この写真と本の表紙が鏡写しになってるのは何故だろう。
デザイン?

2007.07.10 01:56 URL | 街角ぺんぺん灯 #- [ 編集 ]

ぺんぺんさん、こんにちは。

そうそう、僕もそれちょっと気になってたんですよね。でも、理由はわからない。なんでだろうね。
ところで、Waterstone'sって、おもしろい名前の書店ですね。

2007.07.11 00:35 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/33-bf05b76c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。