Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

They returned with him to the ship where he was made comfortable in a spare bunk and on the next day being sufficiently recovered, told how that he had been one of the A.B.'s in the Cyclops, and how that she had broached to while running before the gale two nights previously, and gone down with all hands. He had found himself floating beside her battered lifeboat, which had evidently been torn from its place on the skids as the ship capsized; he had managed to get hold of the lifelines and climb into her, and since then, how he had managed to exist, he could not say.
Two days later, the man who had fallen through the breaking of the crane line expired; at which some of the crew were uneasy, declaring that the old packet was going back on them.
"It's as I said," remarked one of the Ordinaries, "she's 'er bloomin', 'aunted tin kettle, an' if it weren't better bein' 'aunted 'n 'ungry, I'd bloomin' well stay ashore!" Therein he may be said to have voiced the general sentiments of the rest.
With this man dying, Captain Tom Pemberton offered to sign on Tarpin-the man they had picked up-in his place. Tarpin thankfully accepted, and took the dead man's place in the forecastle; for though undeniably an old man, he was, as he had already shown on a couple of occasions, a smart sailor.
He was specially adept at rope splicing, and had a peculiarly shaped marlinspike, from which he was never separated. It served him as a weapon too, and occasionally some of the crew thought he drew it too freely.
And now it appeared that the ship's bad genius was determined to prove it was by no means so black as it had been painted; for matters went on quietly and evenly for two complete weeks, during which the ship wandered across the line into the Southern Tropics, and there slid into one of those hateful calms which lurk there remorselessly awaiting their prey.
For two days Captain Tom Pemberton whistled vainly for wind: on the third he swore (under his breath when his wife was about, otherwise when she was below). On the evening of the fourth day he ceased to say naughty words about the lack of wind, for something happened, something altogether inexplicable and frightening: so much so that he was careful to tell his wife nothing concerning the matter, she having been below at the time.


********************


 航海士らは船に戻ると、連れてきた男を予備の寝台に落ち着かせた。次の日には男は十分な回復を見せ、自分がサイクロプス号のA.B. (<A.B>級の資格を持つ熟練甲板員)であったことや、二昼夜の嵐によって船に穴が空き、ついには海の藻屑と消えてしまったことなどを語った。彼は言った。気が付いた時には、船の壊れかけた救命艇の側で浮かんでいた。ボートは明らかに、船が転覆した時に吐き出されて、漂ってきたに違いなかった。やっとの思いで救命艇に取り縋り、身体を滑り込ませたのだが、それからどうやって生き延びる事ができたのかは、全く覚えていない。
 二日後、クレーンのロープによる事故で怪我をした男が息を引き取った。水夫たちの中には、ついに船がその本性を現し始めたのだと主張し、うろたえる者もいた。
 「俺が言った通りだろ」と一人のオーディナリー(普通船員)が言った。「この船は怒ってんだよ。呪われたブリキのヤカンみたいに。これ以上機嫌を損ねないほうがいい。岸で怒りが収まるのを待とうぜ!」けれどもその言葉の中には、ただ単に休息を取りたいという気持ちがあったのかもしれなかった。
 水夫が死んだため、トム・ペンバートン船長はターピン─彼らが助けた男の名前である─に、死んだ男の代わりに、船員登録をしてくれないかと申し入れた。ターピンはその申し出を、喜んで受けた。そして、水夫部屋の、死んだ男が使っていた場所を引き継いだ。引継ぎとはいえ、彼は紛れもない熟練の水夫だったから、船の業務には既に精通しており、すぐに手腕を発揮することができた。
 とりわけ、彼はロープの組み継ぎの名手だった。彼は特殊な加工をしたスパイキ(漁網やロープを編み込むために使用する円錐形に尖った棒状の道具)を持っていたが、それを片時も放そうとはしなかった。彼の手にかかると、それはまるで武器のようでもあった。水夫達の中には、彼がスパイキを操る手腕に、舌を巻くものもいたのだから。
 水夫の死によって、船が祟られているということは最早証明されたようなものであったが、決して一気に暗転したわけではなかった。それからの二週間は、平穏に何事も無く過ぎていった。だが、船が南洋への回帰線を横断している時に、全くの無風地帯に落ち込んでしまった。それはまるで、彼らを餌食にしようと待ち構えていたかのようだった。
 二日間、トム・ペンバートン船長は風を虚しく待ち続けた。三日目には(彼の妻が近くにいないか、さもなくば下の部屋にいるかの時に限ってだが)、彼は悪態をつき始めた。だが四日目の夕方になると、彼は風が全く吹かないことについてとやかく言うことを一切止めた。何かが、全く説明がつかず、しかも恐ろしい何かが、この船で起こったのだ。そういう訳だったから、彼は注意深く、たまたまその時は下にいた妻がそのことについて頭を悩ますことがないように、心を配ったのだった。


****************

訳文の斜体の部分は、水夫の語り言葉なのですが、英語力不足のため、あまり自信がありません。
また、グレーのフォント部は、訳注として、僕がつけたものです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/35-347a4655

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。