Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The sun had set some minutes and the evening was dwindling rapidly into night when from forward there came a tremendous uproar of pigs squealing and shrieking. Captain Tom and the Second Mate, who were pacing the poop together, stopped in their promenade and listened.
"Damnation!" exclaimed the Captain. "Who's messing with the pigs?"
The Second Mate was proceeding to roar out to one of the prentices to jump forward and see what was up when a man came running aft to say that there was something in the pigsty getting at the pigs, and would he come forward. On hearing this, the Captain and the Second Mate went forward at a run. As they passed along the deck and came nearer to the sound of action, they distinctly heard the sound of savage snarling mingled with the squealing of the pigs.
"What the devil's that!" yelled the Second, as he tried to keep pace with the Skipper. Then they were by the pigsty and, in the gathering gloom, found the crew grouped in a semicircle about the sty.
"What's up?" roared Captain Tom Pemberton. "What's up here?" He made a way through the men, and stooped and peered through the iron bars of the sty, but it was too dark to make out anything with certainty. Then, before he could take away his face, there came a deeper, fiercer growl, and something snapped between the bars. The Captain gave out a cry and jumped back among the men, holding his nose.
"Hurt, Sir?" asked the Second Mate anxiously.
"N-no," said the Captain in a scared, doubtful voice. He fingered his nose for a further moment or two. "I don't think so."
The Second Mate turned and caught the nearest man by the shoulder.
"Bring out one of your lamps, smart now!" Yet even as he spoke, one of the Ordinaries came running out with one ready lighted. The Second snatched it from him and held it toward the pigsty. In the same instant something wet and shiny struck it from his hand. The Second Mate gave a shout, and then there was an instant's quietness in which all caught a sound of something slithering curiously along the decks to leeward. Several of the men made a run to the forecastle; but the Second was on his knees groping for the lantern. He found it and struck a light. The pigs had stopped squealing, but were still grunting in an agitated manner. He held the lantern near the bars and looked.


*****************


 錯乱した豚たちがキーキーと鼻面を鳴らしながら逃げ惑う、その酷く姦しい音が船首方向から聞こえてきたのは、太陽はまだ水平線の上にあったが、黄昏時が急速に宵闇へと落ち込みつつある時間だった。トム船長と二等航海士は共に船尾の辺りを歩いていたのだが、その声で足を止め、耳を欹てた。
 「くそったれが!」トムは叫んだ。「誰だ、豚をからかってやがる奴は?」
 二等航海士は水夫見習いの一人に、急いで前の方に行って一体何が起こっているのか見て来いと怒鳴った。その見習いが船尾に駆け戻ってきて言うには、豚小屋の中に何かがいて、豚を襲っているみたいだということだった。それを聞いた船長と二等航海士は、走って甲板前方に向かった。甲板を駆け、音のする方へ近付くにつれて、二人の耳にははっきりと、豚の悲鳴に混じった獰猛な唸りのようなものが聞こえてきた。
 「今のはいったい何だ?」二等航海士は、船長と足並みを揃えて走りながら、叫んだ。二人が豚小屋に辿り着いた時には既に、宵闇が迫る中、小屋を取り巻くようにして水夫達が群がっていた。
 「何だ?」トム・ペンバートン船長は怒鳴った。「この中で何が起きてるっていうんだ?」彼は水夫たちを掻き分けて進み、屈んで、豚小屋の中を鉄格子越しに覗き込んだ。しかし、中は余りに暗くて、殆ど何も見えなかった。それでトムが顔を引っ込めようとした時、奥の方で獰猛な唸り声がしたかと思うと、何かが格子の間から噛み付いてきた。トムは悲鳴をあげて水夫たちの中に飛び退き、鼻を手で覆った。
 「怪我をしたんで?」二等航海士は心配そうに訊いた。
 「いや……」船長は怯えたような声で、ぼそぼそと言った。それから随分長い間、指で鼻をさすっていたが、やがて、「大丈夫みたいだ」と言った。
 二等航海士は踵を返し、一番近くにいた水夫の肩を掴んだ。
 「おい、すぐにランプを持ってこい!」彼がそう言うか言わないかのうちに、オーディナリーの一人が火の灯ったランプを持ってきた。二等航海士はそれをひったくると、豚小屋の中を照らそうとした。その瞬間、何か、濡れた光るものが、彼の手からランプを叩き落とした。二等航海士は声をあげた。一瞬の静寂の後、そこにいた誰もが、何か得体の知れないものが甲板を、風下の方に向かってズルズルと滑って行くような音を聞いた。水夫達の中には、船首楼に向かって駆け寄るものもいたが、二等航海士は膝をついたまま、カンテラを手探りで探していた。彼はカンテラを見つけると、火を灯した。豚たちは既にキーキーと鳴き叫ぶのはやめていたが、まだ動揺した様子で、落ち着きなくブウブウと唸っていた。彼はカンテラを格子に近付け、中を覗き込んだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/36-e2cec532

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。