Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


Two of the pigs were huddled up in the starboard corner of the sty and they were bleeding in several places. The third, a big fellow, was stretched upon his back; he had apparently been bitten terribly about the throat and was quite dead.
The Captain put his hand on the Second's shoulder and stooped forward to get a better view.
"My God, Mister Kasson, what's been here," he muttered with an air of consternation.
The men had drawn up close behind and around and were now looking on, almost too astonished to venture opinions. Then a mans voice broke the momentary silence:
"Looks as if they 'ad been 'avin a 'op with a cussed treat shark!"
The Second Mate moved the light along the bars. "The door's shut and the toggel's on, Sir," he said in a low voice.
The Skipper grasped his meaning but said nothing.
"S'posin' it 'ad been one o' us," muttered a man behind him.
From the surrounding "crowd" there came a murmur of comprehension and some uneasy glancing from side to side and behind.
The Skipper faced round upon them.
He opened his mouth to speak; then shut it as though a sudden idea had come to him.
"That light, quickly, Mister Kasson!" he exclaimed, holding out his hand.
The Second passed him the lamp, and he held it above his head.
He was counting the men. They were all there, watch below and watch on deck; even the man on the lookout had come running down.There was absent only the man at the wheel.
He turned to the Second Mate.
"Take a couple of the men aft with you, Mr. Kasson, and pass out some lamps. We must make a search!"
In a couple of minutes they returned with a dozen lighted lamp which were quickly distributed among the men; then a thorough search of the decks was commenced. Every corner was peered into; but nothing found, and so, at last, they had to give it up, unsuccessful.
"That'll do, men," said Captain Tom. "Hang one of those lamp up foreside the pigsty and shove the others back in the locker." Then he and the Second Mate went aft.
At the bottom of the poop steps the Skipper stopped abruptly and said "Hush!" For a half a minute they listened, but without being able to say that they had heard anything definite. Then Captain Tom Pemberton turned and continued his way up onto the poop.
"What was it, Sir?" asked the Second, as he joined him at the top of the ladder.
"I'm hanged if I know!" replied Captain Tom. "I feel all adrift. I never heard there was anything-anything like this!"
"And we've no dogs aboard!"
"Dogs! More like tigers! Did you hear what one of the shellbacks said?"
"A shark, you mean, Sir?" said the Second Mate, with some remonstrance in his tone.
"Have you ever seen a shark-bite Mister Kasson?"
"No, sir," replied the Second Mate.
"Those are shark-bites, Mister Kasson! God help us! Those are shark-bites!"


*************************


 三匹の豚のうちの二匹は、豚小屋の右舷側の角で身を寄せ合っていたが、どちらも体中血まみれだった。そして最後の一匹、そいつは一番でかいやつだったが、仰向けにぶっ倒れていた。豚は、喉の辺りをまともにガブリとやられたようで、一目で死んでいることがわかった。
 トムは手を二等航海士の肩に置いて屈み込み、小屋の中をもっとよく見ようとした。
 「おい、こりゃひでぇな。見ろよ、カッソン。なんだこりゃ……」彼は言葉を失った。
 辺りにいた水夫たちも寄ってきて中を覗き込んだが、驚きのあまり、言うべき言葉がみつからないようだった。その時、一人の男の言葉が、沈黙を破った。
 「まるで、鮫にさんざ嬲られたみてえだ!」
 二等航海士は、カンテラを格子に沿って動かした。「扉も閉まっているし、留め木も掛かってる……」彼は低い声で言った。
 トムは、その言葉が何を意味するのかは理解したが、何も言わなかった。
 「そいつは、俺らのうちの一人が確かめてまさあ」トムの後ろにいた男が呟いた。
 ざわめく声があちらこちらから起こり、次第に動揺が、辺りを取り巻く水夫たちの中に広がって行った。
 トムは水夫たちの方に向き直った。
 そして、何か言おうと口を開いたが、突然何かを思いついたかのように、言葉を飲み込んだ。
 「カッソン、カンテラをくれ。早く!」トムは叫び、手を伸ばした。
 カッソンはトムにカンテラを渡した。トムは、カンテラを頭の上にまで持ち上げた。
 彼は水夫たちを確かめていった。だが、死んでしまった男を除けば、デッキの上と下に、全ての乗員が揃っていた。いないのは、舵を取っている水夫だけだった。
 トムは二等航海士の方に向き直った。
 「カッソン、水夫たちを二、三人連れて船尾へ行き、カンテラを持ってきて配ってくれ。船の捜索をしよう!」
 数分後、カッソンらは一ダースもの灯りの点ったカンテラを持って戻り、水夫らに分配した。彼らはデッキを徹底的に捜索した。どんな物陰の暗がりも、隅々まで確認し、見落とさなかった。けれども、何一つ見つけることは出来なかった。それで、彼らは不首尾のまま、捜索を打ち切らざるを得なかった。
 「やるだけのことはやった」とトム船長は言った。「カンテラのうち一つは豚小屋の前に吊るしておけ。それ以外は、元の場所に戻しておけ」そして、トムは二等航海士とともに船尾の方へ向かった。
 だが、船尾へのステップの一番下で、トムは突然足を止めた。そして、「静かにしろ!」と囁いた。それから三十秒ほどの時間、二人は耳を欹てていた。しかし、これといった物音は聞こえては来なかった。それで、トムは再び船尾へ向かって歩き始めた。
 「どうかしたんですか、船長?」カッソンはステップの上でトムに追いつき、訊いた。
 「知るかよ!」トムは答えた。「狐につままれたみてえだ。俺はこんなことは聞いたことがない……こんなことがあるなんてな!」
 「犬を乗せた覚えもねえんですからね!」
 「犬だって!それも言うなら虎だろうよ!お前は老水夫の言葉を聞かなかったのか?」
 「鮫みてえだって言ってた、あれですか、船長?」二等航海士は冷ややかな口調で言った。
 「お前は鮫に齧られた跡を見たことがねえのか、カッソン?」
 「いや、ねえです、船長」二等航海士は言った。
 「あれは鮫の噛み跡だぜ、カッソン!なんてこった!ありゃ鮫の齧った跡だぜ!」

(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/37-fd0e09fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。