Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

III


After this inexplicable affair a week of stagnant calm passed without anything unusual happening, and Captain Tom Pemberton was gradually losing the sense of haunting fear which had been so acute during the nights following the death of the porker.
It was early night, and Mrs. Tom Pemberton was sitting in a deck chair on the weather side of the saloon skylight near the forward end. The Captain and the First Mate were walking up and down, passing and repassing her. Presently the Captain stopped abruptly in his walk, leaving the Mate to continue along the deck. Then, crossing quickly to where his wife was sitting, he bent over her.
"What is it, dear?" he asked. "I've seen you once or twice looking to leeward as though you heard something. What is it?"
His wife sat forward and caught his arm.
"Listen!" she said in a sharp undertone. "There it is again! I've been thinking it must be my fancy; but it isn't. Can't you hear it?"
Captain Tom was listening and, just as his wife spoke, his strained sense caught a low, snarling growl from among the shadows to the leeward. Though he gave a start, he said nothing; but his wife saw his hand steal to his side pocket.
"You heard it?" she asked eagerly. Then, without waiting for an answer: "Do you know, Tom, I've heard the sound three times already. It's just like an animal growling somewhere over there," and she pointed among the shadows. She was so positive about having heard it that her husband gave up all idea of trying to make her believe that her imagination had been playing tricks with her. Instead, he caught her hand and raised her to her feet.
"Come below Annie," he said and led her to the companionway. There he left her for a moment and ran across to where the First Mate was on the look out; then back to her and led her down the stairs. In the saloon she turned and faced him.
"What was it, Tom? You're afraid of something, and you're keeping it from me. It's something to do with this horrible vessel!"
The Captain stared at her with a puzzled look. He did not know how much or how little to tell her. Then, before he could speak, she had stepped to his side and thrust her hand into the side pocket of his coat on the right.
"You've got a pistol!" she cried, pulling the weapon out with a jerk. "That shows it's something you're frightened of! It's something dangerous, and you won't tell me. I shall come up on deck with you again!" She was almost tearful and very much in earnest; so much so that the Captain turned-to and told her everything; which was, after all, the wisest thing he could have done under the circumstances.
"Now" he said, when he had made an end, "you must promise me never to come up on deck at night without me-now promise!"
"I will, dear, if you will promise to be careful and-and not run any risks. Oh, I wish you hadn't taken this horrid ship!" And she commenced to cry.

***************************

 3

 
 この不可解な出来事があってから、一週間ほどはこれといった事件もなく、滓のような平穏さの中で時が過ぎていった。トム・ペンバートン船長は、次第にあの夜の豚の死にまつわるひし迫る恐怖を過去のものとしつつあった。
 宵のことだった。トム・ペンバートン夫人は、船の前方の風上舷(船の風のあたる側)にある、船室の天窓近くのデッキチェアに座っていた。彼女の前を、船長と一等航海士が行ったり来たり、昇ったり下ったりしていた。そのうち、トムは突然足を止め、デッキを見回る航海士
をそのまま行かせて踵を返し、足早に妻の座っている所へ向い、彼女の側に身を屈めた。
 「どうしたんだい?」彼は訊いた。「君がまるで何かを聞いているかのように風下の方を見ているのを、俺は何度か見かけたよ。何かあったのか?」
 彼の妻は座りなおし、彼の腕を掴んだ。
 「聞いて!」彼女は声を顰めて、切迫した声で言った。「また聞こえた!私はずっと気のせいだと思ってた。でも、違うわ。あなたは聞こえない?」
 トム船長は、妻の言うままに、耳を欹てた。彼の張り詰めた神経は、風下の物陰のどこかから、低く、唸る獣(けもの)ような声がするのを捉えた。しかし、彼の口から出た言葉は、いいや何も、だった。だが、彼の妻はトムの手が、そっとサイドポケットの方へ動くのを見逃さなかった。
 「聞いたでしょ?」彼女は食い下がった。そして、彼の答えを待たずに続けた。「ねえ、トム、私はもう三度も聞いてるの。まるであちらこちらで獣(けもの)が唸っているみたいな……」そして、彼女は暗がりを指差した。彼女は、熱心に物音を辿ろうとしていた。その様子を見て、トムは妻に、それが彼女の思い込みにすぎないと得心させることは無理だと判断した。それで、代わりに彼は彼女の手をとり、立ち上がらせた。
 「下に行こう、アニー」彼はそう言い、彼女を甲板の昇降口階段まで連れて行った。そこで、彼はちょっと妻をその場に残し、一等航海士が見張りをしている場所へ向かった。それからまたトムは彼女の元へと戻り、妻を階下へ連れて行った。客室の中で、妻はトムに向き直った。
 「何なのよ、トム?あなたは何かを恐れていて、しかも私に内緒にしているわ。この恐ろしい船には、何かあるのね!」
 トムは困惑した顔で彼女をじっと見つめた。彼は、どれだけのことを、どのようにして、彼女に言うべきなのか図りかねていた。その時、彼が口を開く前に、彼女はさっと彼の脇に立ち、手を彼の上着の右のサイドポケットに滑り込ませた。
 「ピストルだわ!」彼女は叫び、その武器を、恐る恐るポケットから引っ張り出した。「これであなたが何かを恐れている事がはっきりしたわ!それは何か恐ろしいもので、しかもあなたは私に話してくれない。いいわ!私もあなたについて、また甲板へ行くことにしたから!」彼女はほとんど涙声で、真剣そのものだった。それで、トムは考えを変えて、全てを彼女に話すことにした。結局は、それがその時彼に出来る最善の策だったのだ。
 「だから」と彼は話を終えて言った。「君は俺と一緒じゃなければ、けっして夜に甲板に上がっちゃいけない。……頼むから約束してくれ!」
 「分かったわ、あなた。でも、あなたも十分に気をつけて、決して危険を冒さないと約束してちょうだい。ああ、こんな恐ろしい船を引き受けなければよかったのに!」そして彼女は泣き始めた。

(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/38-5d9bc056

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。