Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Later, she consented to be quieted, and the Captain left her after having exacted a promise from her that she would "turn in" right away and get some sleep.
The first part she fulfilled without delay; but the latter was more difficult, and at least an hour went by tediously before at last, growing drowsy, she fell into an uneasy sleep. From this she was awakened some little time later with a start. She had seemed to hear some noise. Her bunk was up against the side of the ship, and a glass port opened right above it, and it was from this port that the noise proceeded. It was a queer slurring sort of noise, as though something were rubbing up against it, and she grew frightened as she listened: for though she had pushed the port to on getting into her bunk, she was by no means certain that she had slipped the screw-catch on properly. She was, however, a plucky little woman, and wasted time; but made one jump to the floor, and ran to the lamp. Turning it up with a sudden, nervous movement, she glanced toward the port. Behind the thick circle of glass she made out something that seemed to be pressed up against it. A queer, curved indentation ran right across it. Abruptly, as she stared, it gaped, and teeth flashed into sight. The whole thing started to move up and down across the glass, and she heard again that queer slurring noise which had frightened her into wakefulness. The thought leaped across her mind, as though it was a revelation, that it was something living, and it was grubbing at the glass, trying to get in. She put a hand down on to the table to steady herself, and tried to think.
Behind her the cabin door opened softly, and someone came into the room. She heard her husband's voice say "Why, Annie-" in a tone of astonishment, and then stop dead. The next instant a sharp report filled the little cabin with sound and the glass of the port was starred all across, and there was no more anything of which to be afraid, for Captain Tom's arms were round her.

**********************

 トムは彼女が落ち着くのを待った。それから妻を船尾に連れて行き、すぐにベッドに入って、幾らかでも眠るように言った。
 ベッドに入ることは問題なかった。だが、眠るとなると話は別だった。たっぷり一時間は煩悶した挙句、ようやく眠気が襲ってきて、彼女は浅い眠りに落ちた。だが、その眠りはすぐに破られた。何か、物音を聞いたように思ったのだ。彼女の寝床は船の壁に接した上段寝台だったのだが、その右上にはガラスの舷窓があった。物音はそこから聞こえてきていた。それは奇妙にくぐもった音で、まるで何かがそこに体躯を擦り付けているような音だった。その音を聞いているうちに、彼女の恐怖心はどんどんと高まっていった。それでも、彼女は寝台の中から舷窓を押して確かめてみた。すると、その窓を留めているネジが決して抜け落ちないとはいえないことがわかった。そうとなると、彼女は勇気を持った女性だったから、時間を無駄にするようなことはしなかった。床に飛び降りて、ランプの方へ走った。そして慌しくランプを手にして掲げると、舷窓の方を恐る恐る見た。厚い丸ガラスの向こうに彼女が認めたものは、舷窓に向かって押し付けられている何かだった。奇妙な、湾曲したギザギザとしたものが舷窓を横切った。見つめていると、突然それが大きく裂けて、煌く歯が見えた。それは、舷窓を上下に動き始めた。すると、彼女の耳にはまた、恐怖のあまり彼女を眠れなくした、あの奇妙にくぐもった音が聞こえ始めた。彼女の頭の中に、一つの考えが、天啓のように閃いた。あれは生き物なのだ。あの、懸命にガラスを引っかいて、中に入ろうとしている、あれは。彼女は手をテーブルの上に置き、自分を落ち着かせ、頭を働かせようとした。
 彼女の背後で、船室のドアが静かに開き、誰かが中に入ってきた。彼女は夫の、「どうした、アニー……」という、驚いたような声を聞いた。しかし、その言葉は途切れた。次の瞬間、小さな船室に鋭い音が響き渡ったのだ。そして、舷窓からはまた一面に広がる星が見えた。最早恐れるものは何もなかった。トム船長の腕が彼女を抱きしめていたのだから。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/39-daf03632

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。