Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

From the door there came a noise of loud knocking and the voice of the First Mate:
"Anything wrong, Sir?"
"It's all right, Mister Stennings. I'll be with you in half a minute." He heard the Mate's footsteps retreat, and go up the companion ladder. Then he listened quietly as his wife told him her story. When she had made an end, they sat and talked awhile gravely, with an infinity sense of being upon the borders of the Unknown. Suddenly a noise out upon the deck interrupted their talk, a man crying aloud with terror, and then a pistol shot and the Mate's voice shouting. Captain Pemberton leaped to his feet simultaneously with his wife.
"Stay here, Annie!" he commanded and pushed her down onto the seat. He turned to the door; then an idea coming to him, he ran back and thrust his revolver into her hands. "I'll be with you in a minute," he said assuringly; then, seizing a heavy cutlass from a rack the bulkhead, he opened the door and made a run for the deck.
His wife, on her part, at once hurried to make sure that the port catch was properly on. She saw that it was and made haste to screw up tightly. As she did so, she noticed that the bullet had passed clean through the glass on the left-hand side, low down. Then she returned to her seat with the revolver and sat listening and waiting.
On the main-deck the Captain found the Mate and a couple of men just below the break of the poop. The rest of the watch were gathered in a clump a little foreside of them and between them and the Mate stood one of the 'prentices, holding a binnacle lamp. The two men with the Mate were Coalson and Tarpin. Coalson appeared to be saying something; Tarpin was nursing his jaw and seemed to be in considerable pain.
"What is it, Mister Stennings?" sung out the Skipper quickly.
The First Mate glanced up.
"Will you come down, Sir," he said. "There's been some infernal devilment on!"
Even as he spoke the Captain was in the act of running down the poop ladder. Reaching the Mate and the two men, he put a few questions rapidly and learned that Coalson had been on his way after to relieve the "wheel," when all at once something had leaped out at him from under the lee pin-rail. Fortunately, he had turned just in time to avoid it, and then, shouting at the top of his voice, had run for his life. The Mate had heard him and, thinking he saw something behind, had fired. Almost directly afterward they had heard Tarpin calling out further forward, and then he too had come running aft; but just under the skids he had caught his foot in a ring-bolt, and come crashing to the deck, smashing his face badly against the sharp corner of the after hatch. He, too, it would appear, had been chased; but by what, he could not say. Both the men were greatly agitated and could only tell their stories jerkily and with some incoherence.
With a certain feeling of the hopelessness of it all, Captain Pemberton gave orders to get lanterns and search the decks; but, as he anticipated, nothing unusual was found. Yet the bringing out of the lanterns suggested a wise precaution; for he told them to keep out a couple, and carry them about with them when they went to and fro along the decks.

****************

 ドアを激しくノックする音がした。続いて一等航海士の声が聞こえた。
 「何かありましたか、船長?」
 「いや、大丈夫だ、ステニングス。すぐに行くよ」トムはステニングスの足音が遠ざかり、昇降口階段を登って行くのを聞いた。それからトムは、彼女の話をじっくりと聞いた。彼女が話し終えると、二人は腰を下ろし、それからしばらくは、<未知なるもの>との境界線上に立ってその深淵を覗き込んでいるような、そんな神妙な気持ちになって話し合った。二人の会話は、突然のデッキからの騒音で遮られた。水夫の一人が恐怖の叫びをあげ、続いてピストルの音と航海士の叫ぶ声がした。トム船長は妻と共に、跳ねるようにして立ち上がった。
 「ここにいろ、アニー!」彼はそう言うと、彼女をシートに座らせた。彼はドアを開いた。だがふと思いついて、取って返すと、自分のリボルバー(連発拳銃)を彼女の手に握らせた。「すぐに戻るよ」彼はそう請け負った。そして防護壁の棚からずっしりとしたカトラス(反身の短剣)を掴み取ると、ドアを開き、デッキに向かって駆け出した
 アニーはその場で、とっさに舷窓に駆けより、留め具を確かめた。留め具がそのままだと分かると、急いでネジをしっかりと締め直した。その時彼女は、舷窓のガラスに、銃弾が左手から下方向かってきれいに貫通した痕跡があることに気が付いた。それで彼女は自分のシートに戻り、リボリバーを手にして、耳を欹てながら待機した。
 メインデッキでトムは、航海士と二人の水夫を、ちょうど船尾楼の手前側に見つけた。見張り以外の水夫たちは、航海士たちの少し手前に集まっていた。航海士と二人の水夫との間には、一人の見習が手にビナクルランプ(船舶の針路を求めるコンパスを夜間に見るときに使っていたランプ。持ち運びしやすいように木製の取っ手が付いている。前面が開くようになっており、オイルタンクを取り出すことができる)を持って立っていた。二人の水夫はコアルソンとターピンだった。コアルソンは、何かを言っているようだった。ターピンは顎をさすっていたが、相当に痛むように見えた。
 「どうした、ステニングス?」彼らを見るや、トムは叫んだ。
 一等航海士は、トムを一瞥した。
 「下へ行っててください、船長」と彼は言った。「ここにはとんでもねえ魔物がいるみたいですから!」
 航海士がそう言った時にはもう、トムは船尾楼への階段に辿り着いていた。航海士と二人の水夫に近付きながら、トムは簡潔に幾つかのことを訊いた。それで分かったことは、コアルソンが「舵取り」を終えて戻る途中、突然何かがピンレール(帆綱止め)の下の物陰から彼に向かって飛び出してきたのだということだった。幸い、彼はぎりぎりでそれをかわすことができた。それから彼は身を守ろうと、声を限りに叫んだのだということだった。航海士は彼の声を聞いて、彼が物陰に何かを見たのだと思い、発砲した。その直後に、彼らは、ずっと前の方からターピンが大きな声で呼んでいるのを聞いた。それからターピンもすぐに船尾楼へ向かって走りだしたのだが、ちょうど足元にあったスキッド(貨物の下に敷く角材または荷物の積み卸しの際に舷側を保護する木材)のリングボルト(綱などを結びつけるために甲板に取り付けられた、環のついた 螺釘)に足を取られて甲板にすっ転び、したたかに後部船倉口の鋭い角に顔を打ち付けてしまった。彼もやはり、その様子から見ると、追跡をしていたのだろう。だが、何故だか彼はそうは言わなかった。水夫達は二人とも酷く動揺していた。それで、ただ自分達の話を、いささか支離滅裂気味に、たどたどしく語るだけで精一杯だったのだ。
 全く期待は出来ないとは思ったが、トム・ペンパートン船長はカンテラを幾つか持って来させ、甲板を捜索した。だが、予想通り、何一つ変わったものは発見できなかった。しかし、持ってきたカンテラは用心になると判断した。それでトムは水夫たちに、二つのカンテラは外に出したままにしておいて、甲板の見張りをする時には持って歩くようにと言いつけた。

(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/41-fc36a3e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。