Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




The Captain had been asleep more than an hour when abruptly something roused him. He reached for his revolver and then sat upright; yet though he listened intently, no sound came to him save the gentle breathing of his wife. The lamp was low but not so low that he could not make out the various details of the cabin. His glance roved swiftly round and showed him nothing unusual, until it came to the door; then, in a flash, he noted that no light from the saloon lamp came under the bottom. He jumped swiftly from his bunk with a sudden gust of anger. If Tarpin had gone to sleep and allowed the lamp to go out, well-! His hand was upon the key. He had taken the precaution to turn it before going to sleep. How providential this action had been he was soon to learn. In the very act of unlocking the door, he paused; for all at once a low grumbling purr came to him from beyond the door. Ah! That was the sound that had come to him in his sleep and wakened him. For a moment he stood, a multitude of frightened fancies coming to him. Then, realising that now was such a chance as he might not again have, he turned the key with a swift movement and flung the door wide open.
The first thing he noticed was that the saloon lamp had burned down and was flickering, sending uncomfortable splashes of light and darkness across the place. The next, that something lay at his feet across the threshold-something that started up with a snarl and turned upon him. He pushed the muzzle of his revolver against it and pulled the trigger twice. The Thing gave out a queer roar and flung itself from him halfway across the saloon floor; then rose to a semi-upright position and darted howling through the doorway leading to the companion stairs. Behind him he heard his wife crying out in alarm; but he did not stay to answer her; instead, he followed the Thing voicing its pains so hideously. At the bottom of the stairs he glanced up and saw something outlined against the stars. It was only glimpse, and he saw that it had two legs, like a man; yet he thought of a shark. It disappeared, and he leaped up the stairs. He stared to the leeward and saw something by the rail. As he fired, the Thing leaped and a cry and a splash came almost simultaneously. The Second Mate joined him breathlessly, as he raced to the side.

****************

5


 眠りに落ちてから一時間以上は経った頃だろうか、トムは奇妙な気配にはっと目を覚ました。彼は腕を伸ばしてリボルバーを手にし、それから寝台の上に起き上がった。トムはじっと耳を澄ました。けれども、妻の穏やかな寝息を妨げるような音はどこからも聞こえては来なかった。部屋のランプの灯は絞ってあったが、それでも彼がキャビンの中の様子を覗えないほど暗い訳ではなかった。トムは、何か変わったことはないだろうかと、辺りに素早く視線を投げかけていったが、その眼差しは、ドアの所でぴたりと止まった。ドアの下部の隙間から、広間の灯火の明かりが這い入って来ていないのだ。彼はかっとして、慌てて寝台から飛び起きた。もしターピンが居眠りをぶっこきやがって、そのせいでランプが消えたのにも気が付かなかっただなんて言おうもんなら……!彼は鍵を掴んだ。眠る前に、彼は用心のために部屋に鍵をかけておいたのだった。だがすぐに、彼はこの用心がいかに賢明だったかということに思い至った。ドアを開錠しようとして、彼は躊躇った。不意に、扉の向こうから、卑しい唸りのように、喉を鳴らす音が聞こえてきたのだ。ああ!それはまさに彼を夢から引き戻し、目を覚まさせた音だった。身も凍るような空想が次から次へと脳裏に押し寄せ、しばらく彼は立ち尽くしていた。だがすぐに、これはまたとないチャンスなのだということに気が付いた。それで彼は一気に鍵を廻し、思い切りドアを大きく開け放った。
 最初に彼の目に入ってきたのは、広間のランプの火が尽きかけていて、ちらちらと揺れる光が、空間に不気味な陰影をつけている光景だった。続いて彼の目が捉えたのは、敷居を跨いだ彼の足元に横たわっていた何か……唸りながら、彼に向かって挑んできた何か、だった。彼はリボルバーの銃口をそいつに向け、二度、引き金を引いた。《そいつ》は何とも言えない唸り声を上げて、広間の中ほどまで、弾けるように飛んだ。それからそいつは少し身体を丸めたような体勢で起き上がり、唸りながら、戸口を越えて昇降口階段へ向かって一目散に駆け始めた。トムの背後から妻の悲鳴が聞こえたが、彼はそれに答えている余裕はなかった。代わりに彼は、痛みのせいで酷く苦しそうな《そいつ》の呼吸音を追った。階段の下から見上げると、星空を背景にした《そいつ》のシルエットが見えた。一瞬垣間見ただけだったが、そいつは二本の脚を持っていて、人間のようだった。だが、トムはサメを思い浮かべた。そいつが姿を消したので、トムは階段を一足飛びに駆け上がった。風下の方を見ると、手摺りの側に、《そいつ》の姿が見えた。トムが発砲するのと、《そいつ》が手摺りを超えて一声吠え、ついで水音を響かせたのは、ほぼ同時だった。二等航海士が息せき切ってやってきて、トムの傍らに並んだ。

(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/44-7bff17c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。