Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"What was it, Sir?" gasped the officer.
"Look!" shouted Captain Tom, pointing down into the dark sea.
He stared down into the glassy darkness. Something like a great fish showed below the surface. It was dimly outlined by the phosphorescence. It was swimming in an erratic circle leaving an indistinct trail of glowing bubbles behind it. Something caught the Second Mate's eyes as he stared, and he leaned farther out so as to get a better view. He saw the Thing again. The fish had two tails-or they might have been legs. The Thing was swimming downward. How rapidly, he could judge by the speed at which its apparent size diminished. He turned and caught the Captain by the wrist.
"Do you see its-its tails, Sir?" he muttered excitedly. Captain Tom Pemberton gave an unintelligible grunt, but kept his eyes fixed on the deep. The Second glanced back. Far below him he made out a little moving spot of phosphorescence. It grew fainter and vanished in the immensity beneath them.
Someone touched the Captain on the arm. It was his wife.
"Oh, Tom, have you ─have you─ ?" she began; but he said "Hush!" and turned to the Second Mate.
"Call all hands, Mister Kasson!" he ordered; then, taking his wife by the arm, he led her down with him into the saloon. Here they found the Steward in his shirt and trousers, trimming the lamp. His face was pale, and he started to question as soon as they entered; but the Captain quieted him with a gesture.
"Look in all the empty cabins!" the Skipper commanded, and while the Steward was doing this, the Skipper himself made a search of the saloon floor. In a few minutes the Steward came up to say that the cabins were as usual, whereupon the Captain led his wife on deck. Here the Second Mate met them.
"The hands are mustered, Sir" he said.
"Very good, Mister Kasson. Call the roll!"
The roll was gone over, each man answering to his name in turn. The Second Mate reached the last three on the list:
"Jones!"
"Sir!"
"Smith!"
"Yessir!"
"Tarpin!"
But from the waiting crowd below, in the light of the Second Mate's lantern, no answer came. He called the name again, and then Captain Tom Pemberton touched him on the arm. He turned and looked at the Captain, whose eyes were full of incredible realization.
"It's no good, Mister Kasson!" the Captain said. "I had to make quite sure-"
He paused, and the Second Mate took a step toward him.
"But-where is he?" he asked, almost stupidly.
The Captain leaned forward, looking him in the eyes.
"You saw him go, Mister Kasson!" he said in a low voice.
The Second Mate stared back, but he did not see the Captain. Instead, he saw again in his mind's eye two things that looked like legs-human legs!

****************

 「どうしましたか、船長?」喘ぎながら、彼は言った。
 「見ろ!」トムは叫び、暗い海面を指差した。
 彼は黒いうねりを見下ろした。水面下に、何か巨大な魚のようなものが見えた。燐光を纏い、ぼんやりと浮き上がっている。そいつは背後に、赤い泡影を曳きながら、水の中を不気味に旋回していた。それをじっと見詰めていた二等航海士の目は、ふと何かを捉えた。それで、彼はもっと良く見ようと、身を乗り出した。そして《そいつ》の姿をもう一度よく見た。その魚は二本の尾鰭を……さもなくば脚を、持っていた。《そいつ》は波下へ潜行した。驚くほどの速さで、瞬く間にその姿は小さくなっていった。航海士は振り返り、船長の手をとった。
 「船長、あいつを見ましたか……あの、尾鰭を?」彼は上気して言った。トム・ペンバートン船長は一言唸っただけで、ずっと深い海の淵を見詰め続けていた。二等航海士も、もう一度海を覗き込んだ。彼の遥か下方、深淵に、燐光の小さな光が見えた。それは次第に微かなものとなり、やがては彼らの眼下に広がる深い闇の中に溶けていった。
 誰かがトムの腕に触れた。妻だった。
 「ああ、トム、あなた……あなた……」彼女は言いかけたが、トムは「静かに!」と制した。それから二等航海士に向き直った。
 「カッソン、点呼を取るんだ!」彼は命令した。それから彼は妻を抱きしめ、広間へ連れて行った。広間には制服を身につけた客室係がいて、ランプはきちんと整えられていた。彼の顔は青ざめていた。そして二人が広間に入ってくるやいなや、質問を浴びせかけてきた。しかし、船長は身振りで静かに彼を制した。
 「キャビンを隅々まで点検してくれ!」と船長は命じた。客室係がキャビンの点検をしている間、トムは自ら広間の床を見て廻った。少し経って、客室係が戻ってきて言うには、キャビンはいつも通り変わりないということだった。それを聞いたトムは、すぐに妻を連れてまた甲板に戻った。甲板には二等航海士が二人を待っていた。
 「全員揃ってます、船長」彼は言った。
 「よろしい、カッソン。点呼しろ!」
 点呼が行われ、水夫たちはそれぞれ、自分の名前が呼ばれると応答した。そうして、二等航海士は名簿の最後の三人の名を読み上げていった。
 「ジョーンズ!」
 「はい!」
 「スミス!」
 「イェッサー!」
 「ターピン!」
 しかし、二等航海士の掲げるランタンの灯に照らされた一群の水夫たちのどこからも、声はあがらなかった。カッソンはもう一度彼の名前を呼んだが、その時、トム・ペンバートン船長が彼の腕に触れた。カッソンは振り返り、船長を見詰めた。その瞳は、全てを悟ったと、雄弁に語っていた。
 「無駄だよ、カッソン!」と船長は言った。「俺には、よく分かったんだ……」
 トムはそこで言葉を切った。カッソンは船長の前に踏み出した。
 「しかし……彼はどこに?」彼は訊いたが、それは馬鹿げた質問だった。
 船長は身を乗り出し、カッソンの目をじっと覗き込んだ。
 「お前は見たはずだ、カッソン。あいつが去ってゆくのを!」彼は押し殺した声で言った。
 二等航海士の瞳は、船長にじっと注がれていた。だが、彼は船長の姿を見てはいなかった。彼が見ていたもの、それは脳裏に焼き付いた、脚に似た二つのものだった。まるで、人の脚のような……!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/45-882ea763

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。