Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

There was no more trouble that voyage; no more strange happenings; nothing unusual; but Captain Tom Pemberton had no peace of mind until he reached port and his wife was safely ashore again.
The story of the Pampero, her bad reputation, and this latest extraordinary happening got into the papers. Among the many articles which the tale evoked was one which held certain interesting suggestions.
The writer quoted from an old manuscript entitled "Ghosts," the well-known legend of the sea ghoul-which, as will be remembered, asserts that those who "die by ye sea, live of ye sea, and do come upward upon lonely shores, and do eate, biting likeye shark or ye deyvel-fishe, and are drywdful in hunger for ye fleyshe of man, and moreover do strive in mid sea to board ye ships of ye deep water, that they shal saytisfy theire dryedful hunger."
The author of the article suggested seriously that the man Tarpin was some abnormal thing out of the profound deeps; that had destroyed those who had once been in the whaleboat, and afterward, with dreadful cunning, been taken aboard the Pampero as a cast-away, afterward indulging its monstrous appetite. What form of life the creature possessed, the writer frankly could not indicate, but set out the uncomfortable suggestion that the case of the Pampero was not the first; nor would it be the last. He reminded the public of the many ships that vanish. He pointed out how a ship, thus dreadfully bereft of her crew, might founder and sink when the first heavy storm struck her.
He concluded his article by asserting his opinion that he did not believe the Pampero to be "haunted." It was, he held, simple chance that had associated a long tale of ill-luck with the vessel in question; and that the thing which had happened could have happened as easily to any other vessel which might have met and picked up the grim occupant of the derelict whaleboat.
Whatever may be the correctness of the writer's suggestions, they are at least interesting in endeavoring to sum up this extraordinary and incomprehensible happening. But Captain Pemberton felt surer of his own sanity when he remembered (when he thought of the matter at all) that men often go mad from exposure in open boats, and that the marlinspike which Tarpin always carried was sharpened much to the shape of a shark's tooth.

(END)



****************

 それからの航海は平穏に過ぎていった。もはや奇妙な出来事は起こらなかった。異様な出来事は、何一つとして。しかしトム・ペンバートン船長は、港に入港し、妻を無事に上陸させるまで、心が休まることがなかった。
 《パンペロ》にまつわる風説と、トム船長らが体験した奇妙な出来事についての物語は、新聞によって広く知られる事となった。この物語についての記事は数多くあるが、その中に一つに、興味深い示唆を与えてくれるものがあった。
 その記者は、「幽霊たち」と題された古えの写本から、海の屍鬼についての、良く知られた伝説の下りを引用していた。曰く、「大海にてはかなくなりしもの、大海にていのちありしもの、孤独の岸辺に依りて、飢えを満たさんとす、その様は鮫のごとく、あるいは章魚のごとくあり。しかるに、もしそれ、忌むべき飢え、つまりは人の肉への飢えにあらば、それら深海の船に乗りて、大海のさなかにさえ赴き、その忌むべき欲望を満たさんとす」
 この記事の著者は、ターピンは深き淵よりやってきた異形のものではないかという仮説を、真面目に取り上げていた。つまり、ホエールボートを食い尽くしたあと、漂流者を装い、抜け目なく《パンペロ》に乗り込んで、その忌むべき欲望を満たそうとしたのではないかというのだ。それがどういった形態の存在なのかについては、記者は正直に、分からないと述べていたが、同時に、《パンペロ》のようなケースはそれが初めてではないし、また最後でもないだろうという、不吉な考察をもしていた。彼の頭の中には、行方不明になってしまった多くの船のことがあった。記者は、どれだけ多くの船がそのキャリアの中で初めて酷い嵐にめぐり合った際に浸水し、沈没してしまったか、そしてそれによってどれほど多くの船員が惨くも犠牲になってしまったかということを指摘していた。
 彼は記事の中で、《パンペロ》が「呪われた船」だとは思っていないと結論付けていた。彼によると、それは単に船に長く不運が続いたというだけのことで、どんな船にもいつでも起こりうることだというのだ。つまり、遺棄されたホエールボートから、不気味な船員を拾い上げるというようなことは、である。
 その記者の指摘が正しいかどうかはともかく、少なくとも、この奇妙で理解し難い出来事の考察としては、興味深いように思われる。しかし、ペンバートン船長はどこまでも現実的な人間だったから、彼がそのことを(多少なりとも)思い出す時には、こう結論付けていた。救命艇の中で長く陽に灼かれた水夫は気が狂いがちであり、しかもあの時ターピンがいつも持ち歩いていたスパイキは、まるで鮫の歯のように鋭く尖っていたのだと。

(了)



(shigeyuki)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/46-c83d204b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。