Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Oh, I know the old donkey's way; and when he had once said that, we might just make up our minds never to get another word out of him on the matter as long as we lived. Yet, I was satisfied to notice that he seemed a bit restless, as if he were on the itch to shove in his oar; by which I guessed that the papers we were quoting had got things very badly muddled indeed, in some way or other, at least as regarded his friend Baumoff. Suddenly, he spoke:

"What unmitigated, wicked piffle!" said Stafford, quite warm. "I tell you it is wicked, this associating of Baumoff's name with war inventions and such horrors. He was the most intensely poetical and earnest follower of the Christ that I have ever met; and it is just the brutal Irony of Circumstance that has attempted to use one of the products of his genius for a purpose of Destruction. But you'll find they won't be able to use it, in spite of their having got hold of Baumoff's formula. As an explosive it is not practicable. It is, shall I say, too impartial; there is no way of controlling it.

****************

 私はじっくりと責めることにした。だから彼がそのことについてふと口にした時も、あえて彼からそれ以上の言葉を引き出そうとはせず、我々だけで白熱した議論を続けた。効果は覿面で、彼はそわそわとし始めた。まるで、オールを握っている手が痒いといった風だった。思うにそれは、我々が話題にしている新聞の記事が事実を酷く捻じ曲げていたからで、彼にしてみれば、何とか友人のバウモフの名誉を晴らしたかったのだろう。突然、彼は語り始めた。
 
 「くちさがない、酷い中傷だ!」とスタッフォードは熱く語った。「バウモフの名前を、戦争のための発明だとか、そうしたおぞましいものと結びつけて語られるのは不愉快だ。彼は私がこれまでに会った人物の中でも、最も情熱的な詩人であり、また、敬虔なクリスチャンだった。彼の優れた頭脳が、破壊を目的とした計画のために利用されようとしているとは、運命の皮肉としか言いようがない。だが、例え彼らがバウモフの理論を手にしたところで、それを使いこなす事など出来はしないだろう。あの爆弾は、実用性に欠けているのだ。それは明白だと断言できる。なぜなら、それを制御する方法がないのだから。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/55-260b622a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。