Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 先日アップしたホーンテッド・《パンペロ》を、Jules Verne PageのsynaさんがかっこいいPDFにしてくださいました。気になるところの指摘もいくつかして頂きました。どうもありがとうございました。
 自由に使っていいということでしたので、お言葉に甘えて公開させていただくことにします。
 興味のある方は、ここからご覧ください。
 中綴じ版の方は、印刷して綴じると冊子になるようにできています。

 ところで、synaさんは、日本ジュール・ヴェルヌ研究会の創設メンバーの一人です。同研究会は、私市保彦氏を顧問に迎えた、日本で初めての本格的なヴェルヌ研究会で、現在会員を募集しています(僕も会員になっています)。興味のある方は、ぜひ。

(shigeyuki)

スポンサーサイト

ご無沙汰しております。久しぶりにネットの世界に戻ってきました。本当、PDF版かっこいいですね。この調子で未訳作品集がまとめられたらと思い描いてしまいます。私もそろそろ「幽霊海族」の見直しを始めませんとね。

2007.06.18 23:57 URL | kane #- [ 編集 ]

おお、お帰りなさい、kaneさん。
待ってましたよ!
synaさんがやってくれたPDF、良いでしょう?
こんな感じで、未訳作品の作品集ができると、本当に嬉しいですね。
「幽霊海賊」、楽しみにしてます。

2007.06.19 22:24 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]

未訳作品集、いいですねえ。ぼくは翻訳の方では貢献できそうにないですが、PDFならいつでも作りますので、何なりとリクエストしてください。

2007.06.19 22:56 URL | syna #NPhlPyRE [ 編集 ]

synaさん、嬉しいお言葉、どうもありがとうございます。
ホジスンの未訳長編が、そういう形になると素敵ですね。

2007.06.21 00:14 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/61-a23d9c85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。