Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"He talked to me about his theory, telling me that he wanted to show me a small experiment, presently, bearing out his opinions. In his talk, he told me several things that interested me extremely. Having first reminded me of the fundamental fact that light is conveyed to the eye through the means of that indefinable medium, named the Æther. He went a step further, and pointed out to me that, from an aspect which more approached the primary, Light was a vibration of the Æther, of a certain definite number of waves per second, which possessed the power of producing upon our retina the sensation which we term Light.

"To this, I nodded; being, as of course is everyone, acquainted with so well-known a statement. From this, he took a quick, mental stride, and told me that an ineffably vague, but measurable, darkening of the atmosphere (greater or smaller according to the personality-force of the individual) was always evoked in the immediate vicinity of the human, during any period of great emotional stress.

"Step by step, Baumoff showed me how his research had led him to the conclusion that this queer darkening (a million times too subtle to be apparent to the eye) could be produced only through something which had power to disturb or temporally interrupt or break up the Vibration of Light. In other words, there was, at any time of unusual emotional activity, some disturbance of the Æther in the immediate vicinity of the person suffering, which had some effect upon the Vibration of Light, interrupting it, and producing the aforementioned infinitely vague darkening.

****************


 「彼は私に自説を語り、それから私に、その裏付けとなるちょっとした実験を見せたいと言った。彼は会話の中で、大いに興味深いことを多く語ってくれた。光が《エーテル》と名付けられた媒質を介して瞳に運ばれるという基本的な知識は私にもあったが、彼はそこからさらに一歩踏み出して、その特性からさらに根本的な方向へと推し進め、光とは《エーテル》の毎秒毎に一定の振動を持つ波動であり、それが網膜に作用して、我々が《光》と呼ぶ知覚を生み出すのだと指摘した。

 「その指摘に、私は頷いた。なるほど、誰にとっても容易に理解できる説明である。彼はそこから一足飛びに核心に入り、説明するのは難しいが、推測できることだとして、大気の暗転は(その大小は個人の力量に依存するが)常に大きな感情的なストレスを受けている人間のすぐ近くで起きると語った。
 
 順を追ってバウモフは私に示した。研究の結果、彼はこの奇妙な暗転(大抵は余りにも微かで、目で捉えることは難しいのだが)は、光源への妨害か一時的な遮断か、さもなくば《光の波動》の破壊かのいずれかによってのみ起こり得るという結論に至った。それは言い換えれば、激しい感情の振幅によって、苦しみの中にいる人のすぐ近くにあるエーテルはいくらか乱されるから、それが《光の波動》に影響を与えることによって光が妨げられて、前述したような荒漠とした暗転を生み出すということである。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/63-57e4a38b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。