Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"He took a tiny, corked test-tube out of his waistcoat pocket, and emptied its contents (which consisted of a single, grey-white grain, about twice the size of an ordinary pin's head) on to his dessert plate. He crushed it gently to powder with the ivory handle of a knife, then damped it gently, with a single minim of what I supposed to be water, and worked it up into a tiny patch of grey-white paste. He then took out his gold tooth-pick, and thrust it into the flame of a small chemist's spirit lamp, which had been lit since dinner as a pipe-lighter. He held the gold tooth-pick in the flame, until the narrow, gold blade glowed whitehot.

"'Now look!' he said, and touched the end of the tooth-pick against the infinitesmal patch upon the dessert plate. There came a swift little violet flash, and suddenly I found that I was staring at Baumoff through a sort of transparent darkness, which faded swiftly into a black opaqueness. I thought at first this must be the complementary effect of the flash upon the retina. But a minute passed, and we were still in that extraordinary darkness.

"'My Gracious! Man! What is it?' I asked, at last.

****************

 彼はベストの前ポケットからコルクで栓をした試験管を取り出して、その中身(灰白色をした、針の頭二つ分ほどの大きさの粒が一つ)をデザート皿に空けた。彼はそれを象牙製の柄のついたナイフで丁寧に砕いて粉にし、それから、多分水だと思うが、一滴ほどの水分を加えて少し湿らせ、小さな一片の灰白色のペーストにした。それから彼は金の爪楊枝を取り出して、パイプに火を点けるために夕食時から点したままになっている小型のアルコールランプの火の中に翳した。そしてその金の爪楊枝が白熱して柔らかくなるまで、そのまま炎に晒し続けた。

 「ご覧あれ!」と彼は言った。そして爪楊枝の頭をデザート皿の上の小さなペーストに当てた。すると突然、微かに菫色をした閃光が走った。次の瞬間、私は透き通った闇のようなものを通してバウモフを見ていることに気付いた。だがすぐに、彼の姿はさらに深い闇の中に溶けてしまった。私は最初、これは閃光の網膜に対する補完性効果に違いないと思った。しかし時が過ぎても、我々はまだ不可解な闇の中にいた。
 
 「何てことだろう!一体どうしたっていうんだ?」私はついに言った。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/65-2379ccad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。