Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"His voice explained then, that he had produced, through the medium of chemistry, an exaggerated effect which simulated, to some extent, the disturbance in the Æther produced by waves thrown off by any person during an emotional crisis or agony. The waves, or vibrations, sent out by his experiment produced only a partial simulation of the effect he wished to show me ― merely the temporary interruption of the Vibration of Light, with the resulting darkness in which we both now sat.

"'That stuff,' said Baumoff, 'would be a tremendous explosive, under certain conditions.'

I heard him puffing at his pipe, as he spoke, but instead of the glow of the pipe shining out visible and red, there was only a faint glare that wavered and disappeared in the most extraordinary fashion.

"'My Goodness!' I said, 'when's this going away?' And I stared across the room to where the big kerosene lamp showed only as a faintly glimmering patch in the gloom; a vague light that shivered and flashed oddly, as though I saw it through an immense gloomy depth of dark and disturbed water.

" It's all right,' Baumoff's voice said from out of the darkness. 'It's going now; in five minutes the disturbance will have quieted, and the waves of light will flow off evenly from the lamp in their normal fashion. But, whilst we're waiting, isn't it immense, eh?'

"'Yes,' I said. 'It's wonderful; but it's rather unearthly, you know.'

****************

 すると、闇の向こうから彼の声がした。彼は次のように説明した。科学的な媒体物を使い、人が危機にされされたり苦痛を感じたりする時の感情の波動によって引き起こされるエーテルの混乱を、はっきりと実感できるように、幾らか拡大してシュミレートしたのだと。だが、この波、あるいは波動は、彼が私に示すためだけに行った限定的な実験によって引き起こされたものにすぎなかった。それはただ《光の波動》の一時的な中断でしかなく、だからそうして座っている我々を取り巻いている闇を生み出しただけに留まったのだった。
 「この物質は」とバウモフは言った。「しかるべき条件下では、恐ろしい爆発物となりうるだろう」
 私は彼が話をしながらパイプをふかす音を聞いていたが、パイプの火種が赤く燃える代わりに、揺らめいては奇妙な感じに消える、弱々しい光があるだけだった。
 「おい!」と私は言った。「この状態はいつになったら終わるんだ?」私は部屋の向こう側の大きな石油ランプがある辺りを眺めたが、そこにはただ暗がりの中で微かにちらちらと光っている、灯りの断片があるだけだった。ぼんやりとした光は、震え、奇妙に明滅していた。あたかもそれは、昏くゆらめく深い水の向こうにあるかのようだった。
 「大丈夫だ」闇の向こうからバウモフの声がした。「すぐに終わるさ。五分ほどで収まる。そしたら光の波は普通に流れるようになり、ランプからの光も元に戻るさ。だが、こうして待っている時間が長く感じるだろう?」
 「そうだな」と私は言った。「驚いたよ。だが、何とも気味が悪いものだな」
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/66-a8b43a55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。